<< 年末のパリ”PETROSSIAN” 今年最後のビュッシュとパリのイ... >>

年末のパリ”Byzance”

パリに着いてまず寄ったのは、ブローニュにあるスペイン食材店のビザンスです。

この店はオペラのラファイエットデパートの中にも入っているし、7区にもあって場所的にはそちらの方が行きやすいけれど、ブローニュの店舗が一番大きく展開しているので品揃えが豊富なんです。
e0228108_772316.jpg

町の中心地でもないし、ちょっと倉庫みたいだけれど、一番の穴場だと思いますよ♪

私達は今回はここのオリーブオイルを購入するのが目的でしたが、この店のスペシャリテは何といってもイベリコ豚の生ハムなので、それも少しだけ切ってもらって持ち帰りました。
e0228108_78246.jpg

それとここは店の商品を簡易に食べられるスペースがあるので、スペインのタパスのようにチョコチョコつまんで食べることができます。
e0228108_711076.jpg

丁度、昼過ぎに到着してお腹が空いていたので、私達もここで軽く腹ごしらえしてからまたパリの街へ出掛けていきました。

よく”料理とお菓子の会”のお客様にどこのオリーブオイルを使っているのか聞かれるのですが、そうです!うちはこちらで5リットルのボトルで購入しています。

そのうちになくなったらレンヌで探すつもりですが、その場合は多分リスのマルシェのイタリアンの店のものにするんじゃないかなと思います。
いずれにしてもオリーブオイルに関してはフランスよりもスペインかイタリアの方が美味しいと思います。

年末のパリの話はまだまだ続きます。。。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-12-23 07:24 | 美味しいお店/レストラン
<< 年末のパリ”PETROSSIAN” 今年最後のビュッシュとパリのイ... >>