「ほっ」と。キャンペーン
<< Bûche de Nöel☆P... 年末のパリ”Byzance” >>

年末のパリ”PETROSSIAN”

今回、パリに出掛けた一番の目的は”美味しいキャビアを食べること”だったので、7区にあるペトロシアンにやってきました。
e0228108_2225355.jpg

ここは地上階がキャビアやサーモンの薫製、フォアグラなどの高級食材を扱っているロシア系の店で、上の階がレストランになっています。
レストランではキャビアやそれを使った料理が食べられるので、経験の意味も含めて夕食はそちらでいただくことにしました。
e0228108_2242199.jpg
前菜は、コパンがキャビア(アルベルタという種類)で、私は迷ったのですが普段あまり食べないサーモンを選びました。
それからメインはコパンはタラバガニとキャビアを使った一皿で、その蟹もカムチャッカで獲れた店の商品なんです。そして私はキャビア入りのタルタルステーキにしました。

タルタルは肉の中にカリカリのパイ生地が混ざっていて面白い食感でした。味も美味しかったけれど、キャビアはそのまま食べるのが一番美味しいという結論に至りました。
e0228108_226843.jpg

それにしてもこのレストランはほとんど調理をしないので、商品を食べさせて試食させるのが目的のようです。
食後のコーヒーの時に一緒に出てきたチョコレートが、これまた店の商品でキャビアを模して缶に入っているものなんですが、コニャックが効いてなかなか美味しかったので、危うく買ってしまいそうでした。。。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-12-24 02:36 | 美味しいお店/レストラン | Comments(0)
<< Bûche de Nöel☆P... 年末のパリ”Byzance” >>