<< 年末のパリ”La Maison... 年末のパリ”PETROSSIAN” >>

Bûche de Nöel☆Pierre Hermé

今年のビュッシュ・ド・ノエルは、ピエール・エルメにしました。
予約を入れておいて受け取りに行ったら、パリの15区に特設会場ができていました。。。すごい!!
e0228108_5492312.jpg

欲張りな私達はイスバハンとマロンの2種類をレンヌまでお持ち帰りしました。

早速、味見してみると‥…最初はちょっとピンとこなかったのものの、素材の強さと香りの高さに改めて感心しました。
e0228108_550616.jpg

面白かったのがマロン味で、中にナッツみたいなものがゴロゴロ入っていて、それがちょっと煩いと思ったのですが、よく考えてみたら生(か半生)の栗だったんですよね。
そういえばフランス人って生の栗を食べたりするし、栗も他のナッツ類と同様に木の実であるという事を思いだしました。
e0228108_5513917.jpg

この生栗は好みが分かれるかもしれないけれど、私は食べれば食べる程美味しいと感じるようになったし、柑橘系の果物のコンポートやマスカルポーネのクリームとのハーモニーも良かったです。

そしてイスバハンの方はいわずもがな、とっても美味しかったですよ〜♪

今回も大変勉強になりました。
[PR]
by kuma-rennes | 2012-12-25 05:58 | 美味しいお店/レストラン | Comments(2)
Commented by sucrevanille at 2012-12-25 08:42
はじめまして(^^)ピエール エルメ☆良いですね♪

私のお菓子や物作りのテーマが、
繊細であり大胆な事なので、始めてピエールエルメのお菓子を雑誌で見たときは
ハッ!っとしました~

まだ食べた事はないんです。
またブログ楽しみにしてますね♪
Commented by kuma-rennes at 2012-12-26 01:04
sucrevanilleさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ピエールエルメさんのお菓子は確かに繊細かつインパクトがありますね。機会があったらぜひ召し上がってみてください♪
自分のお菓子はどうかなと考えたら‥…”見た目の割に美味しい”程度かなと思いました。

また遊びにきてくださいね〜

<< 年末のパリ”La Maison... 年末のパリ”PETROSSIAN” >>