<< 初☆Chapon!! ノエルの食卓 >>

ノエルの食卓2

魚介類に続いて、この日が確か24日のイヴの食卓になります。

土曜日のマルシェで食材を購入しなければならなかったので、日持ちがするように赤ワインで漬け込む煮込み料理にしました。
e0228108_21332611.jpg

部位はQueue de Boeuf(オックステール/牛の尻尾)とPaleron(肩肉)で、尻尾の方が時間がかかるので時間をずらして煮込みました。
食べた感じは尻尾の方が柔らかかったけれど、肉の味は肩肉の方が旨味があったかなと思います。特にソースが美味しかったです。

合わせたワインはMargauxのChâteau Giscours2005年です。
これは初飲みのワインだったと思います。私はあまり飲めない口ですが、タニンの苦みや酸味など全ての味が溶け込んで、喉元で自然に体に溶け込んでいくようなまろやかさがあって素晴らしいと思いました。

それと前後しますが前菜としては自家製のフォアグラのテリーヌと、キャビア(Alverta Impérial)をいただきました。
e0228108_2134356.jpg

フォアグラは自家製味噌とソーテルヌのワインで風味付けています。できてすぐのだったのでこの時はまだ味が馴染んでいませんでしたが、その後、どんどん美味しくなりました♪

キャビアは前回のOssetra Royalよりは安価だっただけあって、こちらの方が少し塩味が強かったので生クリームを添えていただきました。
アルヴェルタやオセトラの種類の中にもロワイヤルやインペリアル、レゼルヴェとランクがあって質と値段が異なります。
思うに、真っ黒なものよりも灰色がかっているもの、粒の大きいものの方が質がよいようですね。

ラストは翌日にフォアグラをホットサンドにして食べました。
リンゴのソテーと一緒にサンドしてとても美味しかったけれど、この食べ方ではちょっともったいないような気もしました。。。
e0228108_21362598.jpg
[PR]
by kuma-rennes | 2012-12-28 21:44 | 料理 | Comments(0)
<< 初☆Chapon!! ノエルの食卓 >>