<< 洋梨のシャルロット 料理とお菓子の会No.29”ウ... >>

ミル・フォイユ

ガレットデロアの残り生地でミル・フォイユを作りました。

残り生地といってもガレットの倍量。こっちがメインみたいだと思いました。
e0228108_527452.jpg

クリームはカスタードにバターとマスカルポーネチーズを少々プラスしました。
本当は苺を挟みたかったけれど、まだ時期ではないのでそのまま食べるつもりが、冷凍庫にフランボワーズがあったので下の段だけ並べました。よって香り付けは野生のフランボワーズのオー・ド・ヴィです。

ミル・フォイユって大好きなんですが、今回のように余り生地で作ることが多いので、その時々で作る分量が異なったりして、焼き加減やクリームもいつも適当なんです。
なので、今日のはたたき台にして、今年は自分の理想のミル・フォイユを作っていこうと思っています。


そして夕飯は簡単にドライカレーにしました♪
e0228108_5285986.jpg

オリヴィエ・ロランジェのスパイス屋さんでカレー粉を購入したので、ちょっと試してみたかったのです。
ドライカレーといってもただのカレー味のチャーハンみたいなものが、美味しいカレー粉のおかげで風味が広がったかな。昨日のウサギの煮込みのソースも加えてあるのでより美味しかったです。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-01-26 05:39 | お菓子作り | Comments(6)
Commented by popo-panbiyori at 2013-01-26 23:22
とっても美味しそうですね~!マスカルポーネ入りのクリームもすごく美味しそうだなぁと思いました。
私もパティスリーなどにミルフォイユがあると、自然と選んでいます。。
パイ生地とクリームというシンプルなところが、味も直球に感じられますよね。
kumaさんのミルフォイユ、本当に美味しそう~~。

そしてドライカレー、カレー粉で風味が変わってくるのですね。ウサギの煮込みソース入り、ウサギは私は頂いたことないのですがとってもに美味しそうですね!
Commented by kuma-rennes at 2013-01-27 06:14
popoさん
マスカルポーネはあったから入れたのですが、入れると赤いフルーツを入れたくなるんですよね。
これからもっと美味しいミル・フォイユを研究していきたいと思っています♪

ウサギは鶏肉に近いんですよ。骨付きのまま煮込んだのいいブイヨンになっているなと思って少し加えてみました。
カレー粉で劇的に変わるということもなかったけれど、やはりいつもより香りが高かったです!
Commented by lotus at 2013-01-27 12:20 x
前回、気になるとコメントしたお皿の全体柄が見れて「きゃーv」です。C/Sとお揃いなんですね。テーブルに華やかさが増して素敵です。お皿は厚みがありそうですが、イタリア製かイタリア風陶磁なんでしょうか?
Commented by kuma-rennes at 2013-01-28 02:11
lotusさん
このお皿はフランス陶器でGien社のものです。けっこう厚みがありますよね。
ブルターニュなのでカンペール焼きでもよかったのですが、もう迷っている暇もないかと思って。。。
けっこう気に入っています♪
Commented by su at 2013-01-29 22:26 x
kumaさん、こんにちは。
ミルフォイユ、私も大好きなお菓子のひとつなのですが、kumaさんのはほんと贅沢なミルフォイユですね。
生地もさっくさくな感じが写真から伝わってきて、ほんとおいしそう。
理想のミルフォイユが出来上がったら、ぜひ知らせてくださいね。
ひとつお願いしたいです♪
Commented by kuma-rennes at 2013-01-30 02:02
suさん、こんにちは。
ミル・フォイユってみんな好きですよね♪
そういえば、ガレットデロアはうまくできましたか?
折りパイができればミル・フォイユも簡単にできると思いますよ♪
もし、本当に食べたい場合はきちんと言ってくだされば、私もきちんと作りますから、いつでも言ってくださいね〜。
<< 洋梨のシャルロット 料理とお菓子の会No.29”ウ... >>