<< Tumulus Carnac >>

Alignements de Carnac

昨日の続きです。

カルナックの周りには、紀元前5世紀〜2世紀ともいわれる古い時代に並べられた石がたくさんあって、これらがどうして置かれたのか、どうやって運ばれたのかは未だに不明なんだそうです。
e0228108_425363.jpg

数年前に初めて目にした時は”不思議さ”以外は特に感じなかったけれど、今回、わざわざこんな所に出掛けていったのは、何というか時間的な広がりや、大きなものを私なりに実感したかったからです。

だって、年末からなかなか風邪が治らなかったり、長く続いた雨や曇り空に嫌気がさして、もっとこう、自然の雄大さや、そうでなければ果てしのない時間とか‥…人間の太刀打ちできないような大きなものを感じたかったのです。
e0228108_4151393.jpg

それにこの巨石群って、今となっては日本でいうお地蔵さんや土地の守り神みたいな存在になっているのではないかしらと想像して、何となく安心感を覚えました。

こんなに大きな石が綺麗な列に並べられているんですよ!!
e0228108_4161133.jpg

県道のD194沿いにはこんなのがあちこちに見られて、この奇妙さが普通の感覚になるのが自分でもまた可笑しかったです。

何ということはないけれど、作り込まれたエンターテイメントとはまた違った素朴な感動がありました。
機会があったらぜひ行ってみてくださいね!!
[PR]
by kuma-rennes | 2013-02-20 04:46 | 旅行/散策 | Comments(2)
Commented by popo-panbiyori at 2013-02-21 00:02
よく晴れた良い日だったのですね〜♪ほんとに、こんなに大きな石をどのように並べたのでしょうね〜。kumaさんのおっしゃるように、お地蔵さんの雰囲気を感じますね。
広大な自然を感じたいというのは、私もすごく共感しました。
私の場合は都会の喧騒に疲れたり、気持ち的に沈む時なんかに、大きな自然を感じて深呼吸したり、広い海を眺めたくなりますね。
そういえば、さっきテレビのBSでイギリスのコッツウォルズについて特集されていたんですよ〜☆益々自然や緑を感じたくなりました。。!

kumaさんご紹介のこの土地にいつか行ってみたいなぁと思いました♪
Commented by kuma-rennes at 2013-02-21 01:43
popoさん
本当、どうやって運んで並べたんでしょうかね。。。
その方法というよりもどうしてそんなことをしたのかと考えると、色々説があるそうですが、現代の人間が高い高い塔を建てようとするのと似たようなものかもしれません。

気分転換の方法って色々あると思うのですが、まずは好きな音楽を聴いたり、近所の公園に出掛けるのもいいと思うんですが、こうやってもう少し足を伸ばしてみるのもいいなと感じました♪
<< Tumulus Carnac >>