<< Côte de Boeuf 野菜スープ >>

そしてまたしてもガレットデロア

木曜日の夕方に外出先のコパンから電話が入った。「ガレットふたつ注文が入ったけど、日曜日にできる?」

土曜日は友人宅で食事の約束があって、日曜日は友人を食事に呼んでいる。作る時間があるかどうか。。。

明日(金曜日)一日ある。土曜の友人宅へ持っていくお菓子を作ろうと考えていたけれど、少々頑張ればパイ生地も折れないことはない。

では、材料。。。バター、小麦粉、アーモンドパウダーはたっぷりある。
今すぐにデトランプとバター生地を仕込めば、明日は朝から折り込めるし、その合間にクリームもつくって、夜に手土産用のお菓子を作ればいい。
土曜日は友人宅から早めに帰宅して、生地を成形して、日曜日の朝に焼けば充分間に合う。

一度は断って切った電話だったが、すぐにコパンにかけ直して「ガレット、できるよ。何人で食べるの?」と尋ねた。

その後、土曜日の友人から風邪でキャンセルの連絡が入り、ガレットの受け渡しも土曜日の方がよいということになって、幸か不幸か準備は少し楽になった。
e0228108_2522218.jpg

そうして出来上がったふたつのガレットデロア。12人で食べるそうだ。

もう(今年は)ガレットは作らないと言っていたけれど、頼んだ人も季節外れなのは充分承知しているだろうし、急すぎる注文であることも分っていて、「無理ならばいいから」と何度も言っていたという。

でも、私はそんなことはどうでもよくて、まず、材料と作る時間があるか考えて、それが間に合えばとにかく作ろうと思った。
材料が足りなくても、きっとコパンに電話して買ってきてもらっただろう。。。とにかくできるだけのことはする。

後で聞いたら、入院していたお父様が退院したので、1月に食べられなかったガレットをみんなで食べるそうだ。

胸がじーんときたが、だからといって特別なことは何もしないし、それだから作ったわけじゃない。

その人がきちんと私に注文をしてくれて、私側の状況も対応できたからだ。

感傷的になるよりも、美味しいお菓子を作るのが私のやるべき事だと思っている。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-03-03 03:06 | お菓子作り
<< Côte de Boeuf 野菜スープ >>