<< 苺のタルト Le Bistro de Paris >>

胡桃割り器

Lavalでもう一カ所行くのがアンティークの銀製品のお店で、ここのお店の人も私達のことを覚えていてくれて、銀製品の手入れの仕方など色々教えてくれました。
e0228108_0515427.jpg
最初、午前中に行ってみたらお店が閉まっていたので、これはその時にショーウィンドーをジロジロ眺めながら撮った写真です。

中はもっと山のように商品が積まれていて、雑然とした感じなんですが、私とコパンは何となくその雰囲気が気に入っています。

値段も品物も高すぎず、安すぎずで、決して手の届かない感じでないのがいいと思います。









今回は”胡桃割り器”を購入してみました。
e0228108_0525524.jpg

うちはけっこう胡桃が好きなので殻付きのまま常備しているんですが、今迄は魚介類用のパンスを使っていました。

うちにやってくる子供達に胡桃をあげたら、意外と喜んで食べるのと、殻を開ける作業が物珍しいみたいで、ワイワイ言って喜びます♪

でも、使いやすいかというとそれ程でもなくて、手で持つ所がもう少し長い方がいいと思いましたが、これはこれで気に入っています。

そうそう、このお店の隣も雑貨屋さんで、時代はもっと近代寄りですが、古いおもちゃやインテリア小物を扱っていて面白そうでしたよ。
e0228108_056558.jpg

[PR]
by kuma-rennes | 2013-04-29 01:06 | 旅行/散策 | Comments(2)
Commented by M at 2013-04-29 08:17 x
アンティーク店やブロカント巡りが好きです!
そこのアンティーク店は、楽しそうですね。お隣の店も好きだなぁ。
クルミ割り器っていいなぁ〜。クルミの入ったカゴも素敵ですね。

私が良く行くブロカントは、パリ11区のrue Oberkampf 近くのちょっと丘になった一角にブロカントが密集したところです!
Rue du marchè popincourt辺りです。ご存知でしょうか?
Commented by kuma-rennes at 2013-04-29 22:39
Mさん
最近は目的のない買物をする事が少ないので、ブロカント巡りはあまりしないのですが、出掛けた先でのんびりお散歩をしている時にこういうお店を見つけると楽しいですね。
なので、パリの頃もあまり行っていなかったので、11区のお店は知らないです。
時々、クリニャンクールに行っていたくらいですね。

胡桃のカゴはワインのボトルを入れるものなんですよ♪
<< 苺のタルト Le Bistro de Paris >>