「ほっ」と。キャンペーン
<< 5月8日 お城と菜の花 >>

Bigot

アンボワーズの美味しいお菓子屋さんです♪

お城の前の目抜き通りに面しているのですぐに分ると思いますが、今年で創業100年の老舗のお菓子屋さんです。
e0228108_4415945.jpg

随分前なんですが、喉が乾いて普通にフレッシュオレンジジュースを頼んだら美味しくってびっくりしたのが始まりです。
夏場はアイスが人気ですが、テラス席の後ろにサロンドテがあって、向かって右側が木造の古い雰囲気で、左手が落ち着いた色調で少しモダンになっていますが、いずれにしても上品で可愛らしいお店です。
e0228108_4434669.jpg

お菓子屋さんって(レストランも然りだけれど)、”美味しいお店”とか”いいお店”とか色々形容がありますが、ここは私はあえて”いいお店”だと言いたいです。
まず、材料がいいという事、きちんと作っている事、そして”誇り”を持って製造販売している事がとても分るからです。その誇りは創業100年ということからも伝わると思うんですが、それは積み重ねてきた努力の結果みたいなもので、これからもその営みは変わらないだろうという絶対的な安心感を持つ素晴らしいお菓子屋さんです。

ここのお菓子はどれもなかなかで、コーヒーはもちろん、それについてくるチョコまで美味しいんですよ!!!(ここはショコラティエでもあるんですね〜)
ブリオッシュやクグロフなどのヴィエノワズリーが得意そうだけれど、生菓子もかなりのもの。
e0228108_4451963.jpg

特にこのミルフォイユが絶品でした!!!派手さはないけれど、バランスが絶妙なんです。私もこんな優しいミルフォイユが作りたいと切に思いました。

MOFの称号のお菓子屋さんよりも、私はこういうお菓子屋さんの方が好きだな〜と思いました。
アンボワーズを訪れた時はぜひお茶に寄ってみてくださいね♪
[PR]
by kuma-rennes | 2013-05-08 04:58 | 美味しいお店/レストラン | Comments(8)
Commented by M at 2013-05-08 06:13 x
このパティスリー、外観が素敵ですね。
本当、創業1913年になってる!老舗ですね。
ショコラティエでもあるんだぁ。うわぁいいなぁ〜。
ケーキの上のベリーが新鮮だろうって解りますね。
コーヒーに付いて来るショコラも美味しいとは!
ミルフォイユ、これ絶対に美味しいでしょ!羨ましい!

kumaさんは、フランスでお菓子を勉強されたのですか?
もう、フランスの暮らしは何年になりますか?
質問ばかりで済みません。
Commented by mais-oui at 2013-05-08 06:31
素敵なお店ですねぇ♫
こういうお店、ちかくにあるといいなぁとつくづく思います。
Commented by popo-panbiyori at 2013-05-08 19:42
とっても素敵な街にぴったりと合っているパティスリーですね~!
ミルフォイユ、本当に美味しそう!私もkumaさんのブログをきっかけに
ミルフォイユをパティスリーで探すことが増えたのですが、
シンプルにパイとクリームというより、色々と装飾されたものが多いので
なかなかこういったものに出会うことが少ないです・・・。。
kumaさんは穴場のような美味しいパティスリーをよくご存知で、
いつかフランスに行く際は色々とお店を教えて頂きたいです♪
私も有名有名!というお店より、きちんと作っていて丁寧な仕事をしているパティスリーに魅力を感じます。
そしてアンボワーズを訪れた際にはぜひぜひ!行ってみたいです^^
Commented by kuma-rennes at 2013-05-08 23:34
Mさん
ここのミルフォイユはピエール・エルメ程印象的ではないんですが、ひと口食べたらもう一口食べたくなるような、明日もまた食べたいと思わせる優しくて懐かしい感じの美味しさです。
私はこういうお菓子を作りたいといつも思っています♪

そして私のお菓子作りは独学です。
私のフランス生活はほとんどお菓子作りで毎日費やされていたといっても過言ではないかも。
それもただ自分とコパンが食べたいがためにひたすら作っていました。なので、お菓子屋さんの食べ歩きとは特にしていなかったのですが、今思えば自分の美味しいと思う味がブレないで、そこを追求できてよかったと思っています。
あとはコパンの的確で具体的なアドヴァイスもとても為になりました。
Commented by kuma-rennes at 2013-05-08 23:38
mais-ouiさん
本当にこういうお店はありそうでなかなかありません。
コパンと2人で行きと帰りの2回も寄ってしまいました。
毎年この時期に来ているので、一年に一度のお楽しみみたいな感じになっています♪
Commented by kuma-rennes at 2013-05-08 23:45
popoさん
ミルフォイユってシンプルで奥の深いお菓子ですよね。
まず、パイ生地が美味しいこと、そしてクリームとの相性とバランス‥…ここのは私の中でかなり理想のミルフォイユだと思いました。この目立たない美味しさが最高なんです♪

私はお菓子屋さん巡りはあまりしないので、そんなに詳しくはないですよ。それにここのお店はすでにもうかなり有名で、観光客が一杯いました。

地方の美味しいお店って、ある程度人の集まる観光地で、しかも人の集まる広場とか通りとか、そういう一等地に構えていることもポイントかもしれません。
あとは目印になるマークなどもあるので、今度旅先で見つけたら写真に撮ってブログでお教えしますね♪
Commented by moko-scafe at 2013-05-13 12:09
kumaさん、こんにちわ。
フランスの街並みってどうしてこんなに可愛いのでしょう~。
ミルフィーユ美味しかったんですね!日本で食べ損ねました!
上のタルト?もかなり気になりました。幾層にもお味が重なってそうですね。赤いのはラズベリー?そして上はピスタチオ風味のクリームなのかしら。

丁寧に作られているお店、伝統を守られているお店って素敵ですよね。

そうそう、お引越しの真っ最中なんですね。
大変だとは思いますが、頑張って下さいね♪
Commented by kuma-rennes at 2013-05-13 22:40
mokoさん、こんにちは。
上のお菓子はタルトではなくて、ビスキュイ生地だったと思います。
それにカシスのジュレとピスタチオのクリームで、なかなか美味しかったです。
下の2つの写真で同じ店なのに感じがちょっと違うでしょ?
室内も食器もガラッと変わっていましたが、生花がふんだんに飾られているのは両方とも同じで素敵だなと思いました。

引っ越し、頑張りまーす!!
<< 5月8日 お城と菜の花 >>