<< 和食でおもてなし 料理とお菓子の会”Tarte ... >>

フラン

昨日はブログのコメントの返信をしながら途中で寝てしまいました。今朝はかなり朝寝坊したので、私もそれなりに緊張感を持って過ごしていたのだな。。。と思いましたが、同時に今はとても開放感で一杯です♪

さて、そんな昨日は、一昨日の”お菓子の会”で残ったブリゼ生地を使って、前回失敗したフランに再挑戦してみました。
e0228108_510191.jpg

とはいえ、全く同じレシピで焼き温度を少し変えただけだったので、また同じように粉が沈下してプリンのタルトになってしまいました〜

その後、同じ作者(フィリップ・コンティチーニ)の別の製菓本(SENSATION)で調べてみたら、レシピが全く違うので、次回はそちらのレシピで作ってみようと思います。

昨日は丁度、友人がお茶に寄ってくれたので、そんな失敗フランを食べさせてしまったけれど、今度はぜひとも成功したフランを食べてもらおう!と思いました。
e0228108_522381.jpg

フランの奥にあるのはココアのフィナンシエですが、中にはうちのベランダ産のフランボワーズが入っています♪

夕食は豚肉の固まりがあったので、塩ゆで豚を作ってチャーシューにし、その茹で汁も使ってラーメンにしました。
麺も手打ちしましたが、写真を撮る時に見えなかったので、無理矢理出したらこんなにぐちゃぐちゃになってしまいましたー!!!
e0228108_521410.jpg
普通のラーメンよりも(よくいえば)ずっと上品であっさりしていましたが、家で食べるならこれで充分美味しいと思いました。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-07-04 05:32 | お菓子作り | Comments(4)
Commented by M at 2013-07-04 08:02 x
フラン、また挑戦したんですね。前も思ったんですけど、売ってるのより、遥かに美味しそうですよ!
フィリップ・コンティチーニと言うとパティスリー・デ・レーヴを思い出します。
ベランダのフランボワーズが入ったココアのフィナンシェもおいしそうですね。食べたいです!

ラーメン、手打ちでしかもチャーシューも作られて凄いです!
これは、美味しいはずです!いつも手間を惜しまずにお料理、お菓子作りされてて凄いなぁ〜!
Commented by kuma-rennes at 2013-07-06 21:09
Mさん
お返事遅くなってしまってごめんなさーい!!!

私、しつこいタイプなんで、フランはまた絶対に作ると思います。だって本物の写真はもっとずっと美味しそうなんですもの。。。

ラーメンは、麺にかん水も入れていないので風味がちょっと違うのですが、にゅう麺を食べるよりもコッテリしている程度のものができあがりました。
家で食べるならこれもありかもね♪という感じです。
Commented by moko-scafe at 2013-07-11 22:12
フランで思い出しましたが、私の中ではクレーム・ブリュレの難易度がなかなか高くて、絶妙な温度加減を探すのにかなり苦労しました。大きなオーブンの中に数個だけ・・・となると、湯煎の浸透具合も全然ですね。 クマさんのフランもそんな感じで焼き加減が難しかったのでしょうか・・・。でもこんがりとっても美味しそうです!
それにしても、クマさんは読書家ですね~。本がたくさん!
Commented by kuma-rennes at 2013-07-12 03:57
mokoさん
フランもクレームブリュレも、それに茶碗蒸しも、湯煎にかける系って温度加減がけっこう難しいですよね。
でもこのタルトは、粉が沈下してしまっているので、焼き加減というよりもアパレイユの配合が問題ではないかとにらんでいます。
夏休みに再挑戦してみます!

はい、フランスに来るまでの私の一番が読書でした。でも、今はお菓子作りになってしまいましたね〜♪
<< 和食でおもてなし 料理とお菓子の会”Tarte ... >>