<< Gouffre de Padirac Chambres d'... >>

Collonges-la Rouge

今日もコレーズのお話。。。

Brive(ブリーヴ)から宿泊地のPuy- d'Arnac(ピュイ・ダルナック)に向かう途中に、ふいに目に飛び込んできたのはCollonges-la Rouge(コロンジュ・ラ・ルージュ)という可愛らしい町でした。

途中のルートで赤い土の断崖を見かけたので、この土地の建物は赤い色だろうと想像していましたが、こんなに真っ赤なのはこの町くらいでした。それと、最近料理のお皿としてもよく使われるardoise(アルドアーズ/粘板岩)もこの辺りでとれるらしく、赤い石と青灰色の屋根の建物はまさにこの土地ならではの景色なんでしょうね。

気になったので、早速翌日に散策に出掛けてきました。
e0228108_295692.jpg

目立つだけあってこの町は既に観光地らしく、カメラを持った人がたくさんいましたが、どこも絵になる素敵なところでした。

昼食に、私達はこの奥に見えるコキーユ・サンジャック(ホタテ)のマークのレストランに入ったのですが、雰囲気も味もなかなかでしたよ♪
e0228108_27773.jpg

物凄く暑いのに、昼間っからテット・ドゥ・ヴォー(子牛の頭)を食べたと宿に戻ってヴェロニックに言ったら呆れられましたが、コパンも普通に子羊肉のローストを食べていたっけ。。。

あとは、教会ももちろん赤くて内部の印象が他とは異なったのと、明かり採りが天井の真上にあり、それでいて雨が入らないように工夫されているのが建築的に興味深いと思いました。
e0228108_281859.jpg

他にも色々なアーティストの店だとか、魔女の店だとか、コレーズのナイフ屋さんなど、ぶらぶら散策するのに楽しい町でした。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-07-30 02:19 | 旅行/散策
<< Gouffre de Padirac Chambres d'... >>