<< お客様15 Apiculture(養蜂)の続き >>

コレーズのナイフ

旅行の写真はまだまだ終っていないので、今度はコレーズの旅行編にまた戻ります。

ボーリューのバーベQの時に目にしたコレーズのナイフがとても綺麗だったので、持ち主にあれこれ尋ねると、コロンジュ・ラ・ルージュに専門のナイフ屋さんがあると教えてもらったので、翌日の散策の時に寄ってみました。

入り口に大きなナイフのディスプレイが飾ってあります。栗の葉のマークがシンボルです。
e0228108_284750.jpg

右手に古いナイフ研ぎ器があって、さわったらツルツルでした!!

中に入って店主に色々尋ねていたら、コパンも欲しくなってしまったのか、最初からそのつもりだったのか、記念にソムリエナイフを購入することにしました。
e0228108_2111392.jpg

ラギョルよりは安価で使い勝手はどうか分りませんが、このマークはラギョルよりも私は好きです♪

そしてもう一枚は同じくコロンジュ・ラ・ルージュの木の玩具屋さんです。
e0228108_2134210.jpg

こんな椅子があったら可愛いな〜と思って写真を撮っていたら、少し前からはぐれていたコパンが中から出てきたのでびっくりしました!!

コパンは知りたがりの質問君なので、お店の人にどこで作っているのかとか色々質問していたらしいです。
ここのお店はジュラの木の玩具を扱っているそうで、フランスではジュラ産の玩具が多いですね。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-08-16 02:18 | 旅行/散策 | Comments(2)
Commented by M at 2013-08-16 07:28 x
大きなナイフが目印なんですね。
レンガにちょっとツタが絡まっていい雰囲気のお店ですね。
ひゃぁ〜凄く可愛いおもちゃ屋さん!
ピノキオの鼻が伸びた可愛い看板の入り口もいいなぁ。
こんな可愛い椅子なら子供じゃなくても欲しいなぁ。
なんと!このおもちゃ屋さんからはぐれていたコパンさんが出て来たんですね!面白い!
Commented by kuma-rennes at 2013-08-16 22:16
Mさん
今日たまたまこの地方のナイフのドキュメンタリーをテレビで見て興味深かったです。栗の葉のマークのコレーズのナイフは出てこなかったけれど、他にも色々な土地のナイフが紹介されていました。男のロマンって感じでした〜♪

この玩具屋さんは、私はコパンが出てきたのでびっくりして結局入り損ねてしまったのですが、中は大したことないとコパンが言ってました〜
でも、この椅子は可愛いですよね。
<< お客様15 Apiculture(養蜂)の続き >>