<< 週末 料理とお菓子の会”Fraisi... >>

鶏の三段活用

8月の終わりだったと思いますが、マルシェで鶏を一羽仕入れました。

香味野菜と一緒に丸ごと茹でて、茹で汁をホワイトソースとピラフに使ってもも肉を食べました。
e0228108_3433073.jpg

翌日の昼ご飯には残った胸肉をハーブとチーズ入りのパン粉にまぶして焼き目をつけて、トマトソースをかけていただきました。
e0228108_3455915.jpg

晩には手羽肉をそいで、鶏の茹で汁に入れて卵スープにしました。

その翌日の昼ご飯は煮麺のおつゆにも使ったので、実際の所は四段活用しています。
e0228108_3474725.jpg

このスープをカレーに使っても美味しくなるし、鶏肉一羽を2人でも十分に食べきれるので、そういうつもりでたまには一羽丸ごと買ってみるのも楽しいし、この使い回しがフランスのママンの節約術かなと思います。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-09-14 03:53 | 料理 | Comments(2)
Commented by M at 2013-09-14 09:59 x
とても参考になります。丸鶏3段活用メニュー!
日本では丸鶏一羽を買う事が無いけれど、それぞれの部位を購入して作る事が可能だなぁと思いましたよ。
鶏骨付きももを茹でて、胸肉でチーズ、ハーブのパン粉焼き、手羽先肉でスープと美味しそうですね!
Commented by kuma-rennes at 2013-09-14 23:29
Mさん
そうですね。日本では部位毎に細かく分けて売られているので、日本から来られる方は戸惑う人も多いと思うんですが、逆に丸ごとで買える贅沢を存分に味わって欲しい気がします。
この茹で鶏は私はスープがほしくて作るくらいで、色々使い回せて美味しいんでうす。
このスープで炊いたピラフなんて本当に美味しいですよ♪
<< 週末 料理とお菓子の会”Fraisi... >>