<< そして私のクグロフ♪ あわび >>

Kouglof☆Vandermeersch

美味しいクグロフのお土産をいただきました。

パリの12区のパン屋さん、ステファン・ヴァンデルメルシュのクグロフです。
e0228108_4451838.jpg

パリで有名なパン屋さんだそうですが、いただいてから、M6のパン屋さんの番組でイル・ド・フランス県で選出されていたパン屋さんだということに気がつきました。

一切れ口に運ぶとバターのいい香りが漂ってきました〜♪
ここのは焼き上がってから澄ましバターを全体に覆うそうです。それによって香りがいいのはもちろん、乾燥を防いで美味しさが長く保つんですね。
e0228108_4461416.jpg

生地は割と軽めなんですが、それに合わせるように乾燥フルーツも柑橘系だったり、レーズンもあえて白を使っているのも爽やかでいいバランスだと思いました。

クグロフって本当に美味しいお店はなかなかないし、あってもいつ作ったかによって味は大きく変わるので、まずは出来立てのものを手に入れるのが一番のポイントですが、ここのお店は週末限定販売で品切れするくらいなので回転は早く、その点は全く問題ないですよね。

それにこれをプレゼントしてくれた方がパリからTGVでレンヌに着いてすぐに届けてくださったので、レンヌにいながらにしてパリの美味しいクグロフをいい状態でいただくことができたのはとてもありがたいことだと思いました。

実際、本当にとっても美味しかったです!!!
[PR]
by kuma-rennes | 2013-10-01 04:53 | 美味しいお店/レストラン | Comments(2)
Commented by M at 2013-10-01 07:22 x
パリの12区ヴァンデルメルシュ、ショソン・オ・ポムも美味しいと聞いていたので、今度買いに行こうと思ってたんです。
そしたら、M6のパン屋に選出されて、お店のスペシャリテとしてクグロフが出てましたよね。
ヴァンデルメルシュさんがアルザスの方だそうで、本場の味なのでしょうね。
何か、しっとりとして、ドライフルーツが美味しそうですね。
Commented by kuma-rennes at 2013-10-01 20:59
Mさん
はい、とてもしっとりとしていて、甘すぎず甘くなさ過ぎず、ドライフルーツの爽やかさとバターの芳香さのバランスがとってもよかったです。
パイ生地も美味しいみたいで、ショソンやミルフォイユ、年明けにはガレット・デ・ロアもいいみたいですね。
ぜひぜひ召し上がってみてくださいね〜♪
<< そして私のクグロフ♪ あわび >>