<< 料理とお菓子の会”Terrin... 生タコ >>

Paris-Brest aux Marrons

リンゴのお菓子と栗のお菓子とどちらが食べたいかコパンに尋ねたら、もちろん栗のお菓子だったので、マロン味のパリ・ブレストを作りました。
e0228108_4164113.jpg

プラリネ味のパリ・ブレストよりも優しい味わいですが、クリームが少しねっちりするのはペーストにした栗の性質からでしょう。ヴァニラとトンカとコニャックで香り漬けしました。

中には栗の渋皮煮を置いて‥…思いっきり栗の楽しめるパリ・ブレストとなりました♪
e0228108_418262.jpg

パリ・ブレストって、ビストロのデザートだとバタークリームが重いところが多いし、レストランだと生クリームを使ってとても軽いものが多いので、私のはその中間といったところだと思います。

かなり美味しかったけれど、もう少し進化させてみたいですね。

もうひとつは、先週のチーズケーキで残ったパイナップルとクリームを使ってマカロンも作っていました。
e0228108_4193040.jpg

パイナップルを切る時の大きさによって食べた感じが変わるので、マカロンに使う時は少し大きめに切った方が存在感が出てよいと思いました。

この日は雨降りでマカロン作りには向いていなかったけれど、何とか出来てよかったです。
[PR]
by kuma-rennes | 2013-10-14 04:24 | お菓子作り | Comments(6)
Commented by M at 2013-10-14 08:21 x
わぁ〜!これは、栗好きにはたまらない、マロンのパリ・ブレストですね。ほんとこれなら、思いっきり栗を楽しめます。
クリームにペースト、中には栗の渋皮煮が丸ごとですもんねぇ。
これは、食べたいです!
チーズケーキ・アナナスのクリームとパイナップルのマカロン!
素敵過ぎますよ!これは美味しいに決まってる!
コパンさんが羨ましいです!
Commented by moko-scafe at 2013-10-15 00:37
栗のパリ・ブレストですか~。珍しいですね!
それに渋皮煮もごろごろ入っていてなんとも贅沢ですね。
私が作るパリ・ブレストはバタークリーム系でしたが、生クリームが多くて軽いものはシューのような感覚なのかしら。
マカロンもナイスアイディアですね!
Commented by kuma-rennes at 2013-10-15 23:08
Mさん
今朝は残りのパリブレストにベリーのジャムを合わせて食べたら酸味が加わってまた美味しかったです。
今度作る時はもう中に入れてしまおうと考えています。
マカロンも美味でした〜♪
Commented by kuma-rennes at 2013-10-15 23:13
mokoさん
フランスの乳製品は本当に色々あるので、生クリーム系のパリブレストも決してシュークリームのようではないんです。
それはプラリネの役目も大きいんだと思いますが、多分、レストランでデザートとして食べる場合は軽いタイプの方がいいということなんでしょうね。
逆にビストロではどっしりした食事を食べた後に、これまたどっしりしたパリブレストが出てきますが。。。
私のはクレームムースリーヌなので、その中間という感じです。
Commented by lotus at 2013-10-16 22:46 x
うーん、このブレストは確かに贅沢!栗は大きい粒揃いですね。
最近、接待やらなんやらで外食続きでストレスたまってます。美味しいものを頂いているんですけどなぁ~~んか違う!と胃袋が訴えてきます。100%デザートの力量不足が日本の外食産業にはあるんですよね。あー、ガツンとくるデザートで食事のフィニッシュ迎えたい。ということで、パリ・ブレスト所望いたします!!

Commented by kuma-rennes at 2013-10-17 00:28
lotusさん
この栗はなかなか立派でしょ!?
最初の頃に出てくる栗は大きくて虫もいないので、綺麗に皮むきができたら渋皮煮にしておきます。
今日も丁度作っていました〜♪

外食続きというか、ロータスさんは海外食続きみたいですね。
フランスでも、料理はよくてもデザートまで美味しいレストランはなかなかないので、私はデザートはやめてチーズを頼むことも多いです。
自分の食べたい料理やお菓子は自分で作るのが一番かなと最近思います。できないものもありますけどね♪
<< 料理とお菓子の会”Terrin... 生タコ >>