「ほっ」と。キャンペーン
<< お客様17 Muséum National... >>

Le Sergent Recruteur

パリ2日目の夜はサン・ルイ島にあるレストラン、Le Sergent Recruteurに行きました。

今、話題の若手シェフ‥…なんていうのもたまにはいいかと思って。。。
e0228108_6571367.jpg

縦長の店内は、バーからテーブル席、一番奥にある厨房の中がほんの少し見える楽しい内装でした♪

料理は10皿くらいのコースのみになっていて、苦手なものがあれば変えてくれるようです。

予備知識はほとんど無しで行ったので、どんな料理なのか分らなかったのですが、色んなところに和食のエッセンスが入っていました。
それと、ノルマンディーに野菜畑を持っていて、そこで獲れたものを使っているそうです。

というわけで野菜にこだわりがあるようですが、パンもバターも手作りという超こだわり派のレストランでした。
e0228108_6581714.jpg

料理はというと、見た目はあまりアーティスティックな感じはしなかったけれど、食べたらちょっとした驚きがあるのが面白いと思いました。

たとえば、生ガキにキムチを合わせたり、ホタテにりんごのピュレ、スズキにグリーンカレー風のソース、デザートにはギネスビールのアイスだとか‥…

厨房の中には日本人らしき料理人が2人くらい見えたし、お皿も和食器も使っていたり、ワインだけでなく日本酒もあるんです。
e0228108_6595693.jpg

私は和風のフランス料理を食べるのはあまり好きではないのですが、メインの肉料理でしっかりジビエ(この時はベカス/ヤマシギでした)を食べさせてくれたので、食べ応えもそれなりにあってよかったと思います。

一番美味しかったのは(2枚目の写真の)野菜の盛り合わせで、さすが自分の農園を持っているだけのことはあると思いました。

もう既に予約が取りずらかったけれど、これから更に取り難くなりそうな‥…そんな上り調子の活気ある雰囲気がいいと感じたレストランでした♪
[PR]
by kuma-rennes | 2013-10-27 07:14 | 美味しいお店/レストラン | Comments(2)
Commented by M at 2013-10-27 09:05 x
サン・ルイ島のレストランに行かれたのですね。
パンもバターも手作りとは、食べてみたいです!
私も和風のフランス料理は好きじゃないですね。日本人が作るフランス料理も余りです!
でも、ノルマンディーに野菜畑を持ってたり、パンもバターも手作り、ジビエなら試してみたいです。

あぁ〜!ポワラーヌのリンゴのタルト、食べたのですね。
今度、パリへ行ったら食べようと思ってたので羨ましい!
Commented by kuma-rennes at 2013-10-28 00:15
Mさん
今、パリのレストランで日本人のいない所はほとんどないくらいで、今回も避けたつもりが結局当たってしまいました。
地方に野菜畑を持つのも流行りみたいです。
で、そういうレストランが増えている中で、他よりも飛び抜けるというのは至難の技だと思います。
ここは和食との組み合わせもとってつけたような感じでなくて、ちゃんとハーモニーを作っているのがいいと思いました。

色んな食材が使われていて、給仕の説明を聞くのも面白かったですよ♪
<< お客様17 Muséum National... >>