<< 最近食べたもの、作ったもの お雑煮 >>

Galette des rois ☆ ISPAHAN

のんびりしたお正月を過ごしていました。
そして今更ながら開眼したのは、おせち料理の田作りって美味しいな〜♪ということです。子供の頃は仕方なく食べていたものが、今ではあの甘みと苦みが最高だわ!と思えてお箸がとまりませんでした。

さて、話は変わって、今年もガレットデロアの季節になりましたが、レンヌでは特に食べたいガレットデロアが思い浮かばず、ピエールエルメのガレットなら食べてみたいな〜と思ったので、ならば自分で作ってしまうことにしました。
e0228108_02133735.jpg
ピエールエルメの最新版のイスバハンの製菓本のレシピをじっくり読んで、イスバハンのガレットデロアを作りました。
(イスバハンとは、ピエールエルメが考案したマカロンのお菓子が元ですが、バラとライチとフランボワーズの組み合わせのお菓子です。この製菓本は、様々な種類のお菓子をイスバハン風にアレンジした、イスバハン・コレクションなんです。)

まず、ライチのシロップ煮を作り、折りパイ生地を折って‥…
この折りパイが、普段私が作るものとは(当たり前だけれど)粉の種類の使い分けや折る回数など大きく異なったので、どういう出来上がりになるのか非常に楽しみでした。

最後に今朝のリスのマルシェで生のフランボワーズを探したものの見つからなかったので、前に作っておいたフランボワーズのジャムを代用することにしました。(でも、ガレットに関しては生のものよりもジャムの方がよいのではないかと私は思います。)
e0228108_02151285.jpg
そうして食べたイスバハンのガレットデロア!!!
見た目が不細工なのは置いておいて、味はとても美味しかったです。ライチはけっこう肉厚でも食べた感じが邪魔にならなくてお菓子にはいい素材だと改めて思いました。
e0228108_02164420.jpg
生地もとても軽くてサクサクしていてかなりよかったです。
初めて作ったので、細かい点でまだ修正が必要ですが、いずれにしてもガレットデロアは自分で作るのが一番だなと思いました。焼き立てのバターの風味を存分に味わえるのがやはり一番のポイントだと思います。



[PR]
by kuma-rennes | 2014-01-05 02:37 | お菓子作り | Comments(6)
Commented by M at 2014-01-05 09:16 x
明日がいよいよ、エピファニ、ガレット・デ・ロワの日ですね。
なんと!ピエール・エルメのイスパハンをガレットで再現!
ライチの味がどう出るか?興味がわきますね。フランボワーズのジャム入りかぁ!いいですね。
サクサクなんだぁ。食べたいなぁ〜!
Bonne fête!!
Commented by moko-scafe at 2014-01-05 12:16
kumaさん、
明けましておめでとうございます~!
お正月のんびりされたようですね♪
kumaさんガレット・デ・ロワの食べ比べでもされてるのかな~と思いましたが、今年は自家製ガレット・デ・ロワを召し上がれたのですね☆ ピエール・エルメのイスパハン風ガレット・デ・ロワ、興味津々です~。
私も自分で作ってみようと思い、昨年ピスタチオとチェリーのガレット・デ・ロワを作りました。折りパイ生地は手間暇がかかりますが、手作りはサクサクで一番ですよね!美味しかったので、今月中にまた何回か作る予定です♪ 
kumaさん&コパンさんにとっても2014年が素敵な一年となりますように☆ 今年もよろしくお願いいたします~!
Commented by kuma-rennes at 2014-01-06 02:22
Mさん
ライチの果肉は火を通していることもあって食べた時にクリームと混ざって気にならないんです。でも、香りは物凄く出ているので、バラの香りとフランボワーズの味のアクセントととっても合う組み合わせだな〜と思います。
パイ生地もサクサクホロホロ系でとても美味しいので、もう少し練習して自分のものにできたらいいなと思っています。

今年はエピファニーにガレットを食べる予定はないですが、多分1月中は何度か作って食べることでしょう。。。
Commented by kuma-rennes at 2014-01-06 02:42
mokoさん
明けましておめでとうございます!!
今年も宜しくお願いしますね♪

ガレットデロアもそうですが、私はあまりお菓子の食べ比べ、食べ歩きはしないんですよ。
去年はちょっとレンヌのレベルを知りたかったので幾つか食べましたが、基本的には自分で作る派なので、そちらの方に時間を費やす方が好きなんです。
それで今回はちょっと本も買ったのでイスバハンも作ってみましたが、本当は断然フランジパンヌのガレットを追求したいんです。材料の限られた王道のフランジパンヌのガレットで、他よりも飛び抜けて美味しいってすごいことだと思いませんか?
イスバハンを作ったのも、クリームのアレンジよりも、ピエールエルメのパイ生地を一度きちんと作ってみたかったからなんです。
作り慣れて気に入っているレシピがあるのに、他のレシピも試すのって、私にはかなり腰の重いことでしたが、とてもいい経験になりました。
Commented by moko-scafe at 2014-01-06 16:18
kumaさん、
確かに!kumaさんはあまり食べ比べみたいなのはされてないですよね。
それよりも、日々ご自分で色々と研究されているのと、あとは常にアンテナを張りながらお買い物されたり、レストランでお食事されたりしている感じでしょうか。 美味しいものを日々食べていることで、食に関する感度が研ぎ澄まされて、さらにまた自分の好みが追求できていきますよね。
今年もkumaさんにとって、新しい食材や美味しいものとの出会いがたくさんありますように。ブログ楽しみにしておりますー。
Commented by kuma-rennes at 2014-01-07 01:50
mokoさん
情報収集や食べ歩きもけっこう労力がいることなので、私はその分を道具や材料、または作る時間に回した方が満足度が高いんです。
だからアンテナもそんなに張っていないですよ〜
食べる時は食べたいものを思いっきり食べて楽しんでいるだけですね♪
<< 最近食べたもの、作ったもの お雑煮 >>