<< Curry d'agneau 料理とお菓子の会”Galett... >>

そしてまたガレット・デ・ロア

昨日に続き、今日はご注文いただいた2枚のガレットデロアを作りました。

12人前ということだったので、6人前を2枚ご用意しました。
木曜日はこれら合計5枚分のパイ生地を折るのに精を出していました。
e0228108_06303322.jpg

そして余り生地とほんの少し残ったフランジパンヌクリームで小さいパイを焼いて味見をしました。
これら、基本は同じように作っても、その後の成形や焼き具合で色んなガレットができあがるんですね〜。
e0228108_06171134.jpg
今年は自分で作ったガレットを5個くらい口にしていますが、それらの微妙な違いとその理由はかなり把握できるようになりました。折る回数、伸ばしたあつさ、打ち粉の降り具合によって生じる結果が何となく掴めてきたのです。

去年と今年の自分の何が違うかというと‥…テクニックでなくて舌の感度ではないかと思います。
去年は許せたことが今年は見過ごせなくなっていたり、見た目の模様の入り方よりも、パイ生地の出来とクリームとのバランスと焼き加減によるトータルのハーモニーが重要で、最近はもうお皿に載せた写真も少なくなって、スタイリングなど二の次になってしまいました。

ビュッシュドノエルの時もそうだったけれど、季節もののお菓子は集中して作るのでとても勉強になると思いました。


そんな今夜はリスのマルシェで仕入れた、生ガキ、ホタテ、小海老の魚介類を堪能しました。
e0228108_06175818.jpg
小海老を2度揚げして頭から丸ごと食べたのが美味しかったです♪


[PR]
by kuma-rennes | 2014-01-12 06:31 | お菓子作り
<< Curry d'agneau 料理とお菓子の会”Galett... >>