<< Bigotに集合!!! ロワールのアスパラガス >>

Le Clos d'entre les Murs

トログロの友人宅で一泊して、朝はまだ夜からの雨が止むか止まないかという空模様でしたが、友人が葡萄畑に散歩に行きましょう!と誘ってくれたので犬と一緒に出掛けました。

けれど、納得。こんなに素敵な葡萄畑ならば、私だってみんなに見せたいと思うでしょう。。。
e0228108_01465464.jpg

教会の右手に見える四角い囲いは、"Le Clos d'entre les Murs" という石垣に囲まれた特別な葡萄畑なんです。

中に入って見てみると‥‥
e0228108_01430338.jpg
中の壁に穴を空けて葡萄の木を反対側に通しています。これは何のためかというと、この葡萄で甘い貴腐ワインを作っているので、囲いをして更に太陽熱を保持するために行なっているのだそうです。
ロワールは気候が温暖とはいえ、夏のアルザスやボルドーに比べるとそう暑くはないので、こうして工夫しているのです。ロワールの貴腐ワインはここともう一カ所しかない貴重なワインだそうですよ。

また、この貴腐ワインは60年以上の幹の太いvieilles vignes(古い葡萄の木)の葡萄で作るので、本当にとても手間と時間のかかった仕事なのだなと思いました。

ロワール地方のワインって、ボルドーやブルゴーニュに比べるとやや格下のイメージがあって、葡萄畑も少々雑然としていると感じていたけれど、奥に入ればこんなに整った綺麗な畑が広がっているのだと感心しました。試飲したワインもなかなか美味しかったし、実はよく知らないだけで、トログロの洞穴のように奥が深いのだと思いました。

今回の旅行で、お城巡りだけはでないロワール地方の魅力を再発見しました。

ラストは友人の飼っている犬。名前はチェといって、元は中国の種類だそうです。
e0228108_01450563.jpg
とても穏やかですぐにすり寄ってくるけれど、触られるのは嫌いなんですって。可愛いでしょ?

[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-08 02:14 | 旅行/散策 | Comments(2)
Commented by M at 2014-05-08 07:36 x
わぁ!素敵な葡萄畑が広がっていますね。
石垣には、特別な葡萄が!貴腐ワインってロワールで作らているんですね。2ヶ所でしか作られていないとは、貴重ですよね。
確かにロワールの城めぐりしかした事がないけれど、kumaさんの様な素敵な旅があるんだと教わりましたね!ホント素敵です!
Commented by kuma-rennes at 2014-05-08 19:42
Mさん
貴腐ワインはボルドーやアルザスが有名で、ロワールではあまり聞いたことがなかったのですが、ここともう一カ所で作られているそうです。
夏の暑い日差しが必要なので、温暖なロワールではこうして囲いをしないと熱を保持できないみたいです。
このカーヴにも寄りましたが、貴腐ワインは最近売れて品薄だから試飲はさせてもらえませんでした。。。残念。
<< Bigotに集合!!! ロワールのアスパラガス >>