<< 料理とお菓子の会”Caille... ぶらりお散歩 >>

Fraisier ☆ La Pâtisserie des Rêves

パリではコパンの弟夫婦宅でお世話になったので、出掛けにサンテレーズのマルシェに寄って、ムセットの蟹を4杯とブロンの生ガキ2ダースを手土産に持っていきました。(意外とこれが喜ばれるんです)

最初の晩はそれらの魚貝をみんなで食べましたが、せっかくだからどこかのお菓子も食べたいな〜と思って、パティスリー・デ・レーヴでフレジエをテイクアウトして2日目の晩のデザートにさせてもらいました。

これは15区に新しくできたBeaugrenelleのショッピングセンターのお店です。
e0228108_05433793.jpg
クリームがちょっとバヴァロアっぽくて、リュバーブのコンポートがたっぷり入っています。クリームより苺の存在感が強くて豪華でしたが、その苺がちょっと熟れ過ぎている感じもしました。果物はある程度熟れた方が美味しいけれど、過ぎると美味しさもマイナスに感じてしまうので、難しいものだなと思いました。
e0228108_05451163.jpg
前後しますが、夕食にはおでんを作っていただいたので、モリモリ美味しく食べました。
e0228108_05461229.jpg
そうそう!マルシェで菜の花と新キャベツも調達したので、菜の花のおひたしも作っていただきましたよ♪


[PR]
by kuma-rennes | 2014-05-25 05:57 | 美味しいお店/レストラン | Comments(4)
Commented by M at 2014-05-25 07:40 x
パティスリー・デ・レーヴのフレジェ、スクエア型でお洒落ですね。
最初に見たときは、ミルフォイユかなぁと思いました。
美味しそうですね。
15区にBeaugrenelleのショッピングセンターが新しくできたのですね。凄いなぁ。
おでん美味しそうですが、ちくわや魚の練り物は、パリでも手に入るんですね。
コパンさんの弟さん、ご夫婦がパリに住んでらしていいですね。
弟さんの奥さまは、フランスの方ですか?
Commented by マダムK at 2014-05-25 08:11 x
フレジエがお好きなのですね!パティスリー・デ・レーヴのフレジエもおいしそう!でも、kumarennesさん作のフレジエが、いつも、感動的な美味しさな気がしてなりません。日本でなかなか、リュバーブと苺の組み合わせに出会えませんが、フランスでは、この時期、最強の組み合わせですよね。私は、リュバーブと苺の組み合わせがたまらなく好きなんです!そろそろ、杏も美味しくなってきますね。日本では杏って、ものすごく高価なので、フランスの美味しい杏でたっぷりコンフィチュールを作りたいです―――!
Commented by kuma-rennes at 2014-05-26 01:43
Mさん
本当ですね。見た目はちょっとミルフォイユみたいですね。
あればそっちの方が食べたかったのですが‥…
ボーグルネルのショッピングモールはイギリスのマーク&スペンサーが入っているのがポイントかなと思います。オペラからは撤退してしまいましたが、ファンが多かったみたいですね。

コパンの弟さんの奥様は日本人ですよ。フランス人女性がおでんを作るなんて、ちょっと考えられないですよね♪
おでんの具はパリでも冷凍のものは手に入りますが、これは日本で買ってきたものなのでとても貴重品でした!
Commented by kuma-rennes at 2014-05-26 01:46
マダムKさん
今の季節のお菓子でいうと、フレジエと苺のタルトと云う感じだったので買ってみました。私はこのレシピもあって作ったこともあるのですが、自分のフレジエの方が好みでした。
苺とリュバーブは合うけれど、入れてしまうとフレジエではなくなってしまうような気がして‥…
杏もそろそろ出始めましたよ。フランスでたっぷり召し上がってくださいね♪
<< 料理とお菓子の会”Caille... ぶらりお散歩 >>