<< 料理とお菓子の会”Quiche... Véritable Mous... >>

パウンドケーキ焼き比べ

共立ての方法で美味しいパウンドケーキが作りたくて、時間があれば作るようにしています。

今回は2台分作って、1台はすぐに焼きましたが、もう1台は冷蔵庫で一晩休ませてから焼くという時間差で行なってみました。
同じ生地ですぐに食べ比べられるので、違いがよく分りますよね。
e0228108_05081001.jpg
けれど、コパンがゴルフのおやつに持っていったりして、なんだかんだ一日で食べ切ってしまい、結局、同時に食べ比べすることはできませんでした。

それでも一晩置いてから焼いた方は、全体の味に丸みがあって、気持上品な仕上がりだったように感じます。
更に一日置いたものはぐっと美味しくなったので、すぐに焼くよりもいいという結果になりました。
e0228108_05093110.jpg
でも、私は作ってすぐに食べたいので、これからも実験ではなく2本作って時間差で焼く方法をとるのがいいと思いました。
あともうひとつ、頭の中で試してみたい方法があるので、また時間があれば作ってみるつもりです。

私は焼き菓子ではパウンドケーキが一番好きなので、自分の中で永遠不滅の安定したレシピや作り方を見つけたいなと思っています。

そうそう、今回のケーキには、ラム酒に漬けた干し柿も入っているんですよ♪

[PR]
by kuma-rennes | 2014-06-23 05:14 | お菓子作り | Comments(6)
Commented by M at 2014-06-23 07:28 x
パウンドケーキの焼き比べって楽しそうですね。
時間差で随分違う物なんですね。一晩冷蔵庫で寝かせたものだと上品な仕上がりになったんですね。
私は食べ比べしてみたいです。
ラム酒に漬けた干し柿も入っているんですかぁ!どんなだろー?
干し柿の甘さが際立つ感じかな?と想像しました!
Commented by kuma-rennes at 2014-06-24 00:07
Mさん
干し柿は入れた本人しか分らなかったみたいですが、それくらい違和感がないんでしょうね。
こういうのってひとつひとつの具を確かめるような食べ方はしないので、その他に加えている諸々とのハーモニーを味わうものなのだと改めて思いました。
そういう意味でも焼く前に一晩、焼いた後も一晩置くくらいの方が本当はいいんでしょうね。。。
Commented by lotus at 2014-06-24 20:20 x
干し柿のラム酒漬け!ナイスアイデアだなと思いました。アプリコットの色合いで、舌のストライクゾーンにきたら「ん?干し柿!」みたいな驚きが面白いと思います。
私はがつがつ食べる派なので気づくのかと問われれば自信がないですが具沢山のフルーツケーキはお得感が呼び誘う幸福を伴いますよね♪
デザートは生命維持に照らし合わせれば贅沢・余分品なんでしょうが、だからこそテーブルに出せる、出てくる幸福は感謝しながら味わい尽くしたいものです♪
Commented by kuma-rennes at 2014-06-25 00:02
lotusさん
干し柿は前にいただいたものを漬け込んでみました。
分っていてケーキを食べると、やっぱり柿のあの甘ったるい美味しさがあるんですよ。
こういうところもフルーツケーキの良さですよね♪
Commented by moko-scafe at 2014-07-06 00:49
kumaさん、
パウンドケーキって本当に美味しいですよね。私も大好きです!
以前は断然タルト派でしたが、最近はパウンドケーキの方が好きかも。
とにかく少ない材料ですが、素材の美味しさと丁寧な作りがものを言う… お菓子作りの基本を見直させてくれますよね。
永久不滅のレシピ...いいですね~
その言葉だけでわくわくしてきます!
Commented by kuma-rennes at 2014-07-10 22:45
mokoさん
焼きっ放しのタルトだったら私は断然パウンドケーキの方がもともと好きですね〜
タルトにクリームなんかが載ってしまうと、焼き菓子というより生菓子に近くなってしまうので、タルトの位置づけって難しですけど。。。
永久不滅のレジピ、ぜひとも見つけてみたいものですね〜♪
<< 料理とお菓子の会”Quiche... Véritable Mous... >>