<< Collioure Auberge du Cellier >>

朝食と ille sur tet

Montnerで宿泊したレストラン・ホテルの朝食がとても個性的でした。
e0228108_01165852.jpg
まず、絞り立てのオレンジジュースが美味しいのはもちろんのこと、朝からこんなにチーズやソーセージが出てくるなんて驚きました。しかも、全部この地方のもので、(フランスの)カタルーニャ風のものです。

手前左が黒ブダン、真ん中が乾燥ソーセージにチョリソー、右が白ブダンなんですが、この黒ブダンはナルボンヌのマルシェでも見かけました。黒ブダンの後はカタランの生チョリソー。柔らかいのでリエットみたいにパンに塗って食べるんです。チーズももちろんカタランで、その右横はフロマージュ・ド・テット(子牛の頭部のゼリー寄せ)、奥の3つの手作りジャムもまた絶品でした。

こんなに面白いものが各テーブルに供されるなんて、とっても贅沢ですよね。もちろん全て味見しました。特にカタランのチーズと白ブダンが美味しくてお代わりしました。

朝早いのにシェフがサーヴィスしてくれたので、私達は全ての食材の説明をお願いしました。ヨーグルトはお腹が一杯なのでやめようかと思っていましたが、シェフが勧めてくれたので食べてみると、とっても濃厚でびっくりしました。ピュイ・ダルナックのヨーグルトはさっぱりしていて毎日食べたいヨーグルトでしたが、こちらのは特別の日に食べたいリッチなヨーグルトでした。

こんなにサーヴィスして大丈夫かと心配になるくらい素晴らしい朝食でした。


そして、次にご紹介するのはLes Orgues d'Ille sur Tetという石灰石の秘境です。
e0228108_01544161.jpg
場所はペルピニョンから20キロ西に離れたイル・スール・テッドという町の一角にあります。雑誌で見て印象的だったので、時間があったらぜひ行ってみたいと思っていたのです。
ただ、行ってもそれだけなので、無理にお勧めするような所でもないのですが、やはり他にはないような神秘的な場所であることは確かです。
オルグ(オルガン)という名前の通り、巨大なパイプオルガンみたいに風化した石灰石群です。
e0228108_01532405.jpg
ここもチケット売場からたどり着くまで15分くらい歩くのですが、入り口でチケットをチェックされて、その時にチケットを持っていないと買いに戻らないといけないので注意が必要です。実際、二組くらい戻っている人達がいたので注意してくださいねー!







[PR]
by kuma-rennes | 2014-07-29 02:09 | 旅行/散策
<< Collioure Auberge du Cellier >>