<< 料理とお菓子の会”Cannel... 桑の実とロールケーキ >>

AOZEN

すっかり忘れていましたが、7月の後半にアオゼンに行っていました。あんまり時季がズレるとよくないので、今のうちに載せちゃいましょう♪

まずは前菜。オマール海老と夏野菜の一皿です。
e0228108_01465674.jpg
この時期はオマール海老が旬なので色々なレストランで出てきますが、やっぱりブルーオマールはブルターニュで食べるのが一番!だと思いました。
とっても美味しかったです。

魚料理は一本釣りのタラと夏トリュフ、ショウガのブイヨンで煮た野菜とグリンピースのピュレを添えていました。
e0228108_01483170.jpg
トリュフのいい香りと、ショウガ風味の野菜がよかったです。もちろん魚の焼き加減やピュレも美味しかったです。

e0228108_01495334.jpg
肉料理は鳩でした。表面にドラジェの砕いたものを載せていたのが面白かったです。

デザートはビターチョコのアイスとグリオット、底はマカロンだったか(?)‥…オレンジの風味もしました。
e0228108_01510471.jpg
7月だったので、その季節を感じられるコースでした。
ワインはソムリエの女性がそれぞれの料理に合わせたものを一杯ずつコパンがいただいていましたが、値段がそれ程高くないことからも、有名なものよりも穴場的なものをセレクトしてくれるのがまた面白いんです。

コパンは最後に自分のワインの好みを伝えて、「○○はよかったけれど、××はあまり好みではなかった。」と正直に言っていましたが、そういう事って長い目で見ると大事なことなのかもしれないと思いました。そのうちにコパンの好みを理解してくれるかもしれないですもんね。

ここは、システムやサーヴィスはなるべくシンプルにして、その分、素材や調理方法に重きをおいて価格をおさえているのが伝わるので、レンヌではこれからも時々通うと思います。

[PR]
by kuma-rennes | 2014-08-20 02:22 | 美味しいお店/レストラン
<< 料理とお菓子の会”Cannel... 桑の実とロールケーキ >>