<< マルシェの食材 料理とお菓子の会”Fraisi... >>

ザッハトルテ♪

週末に友人宅に夕食を招かれていました。
夏のヴァカンスでご家族でオーストリアから東欧の方を周遊されていて、レンヌに戻られたばかりのお宅でした。

それで素敵なおもてなしを受けたのですが、デザートの時にウィーンのザッハトルテが登場した時にはテンションが上がりました!もうずっと前に食べたきりだったのです。。。
e0228108_00384966.jpg
でもね、私には横のロールケーキの方がずっとずっと感動したのです。

私は”料理とお菓子の会”を主催していて、奥様は私の生徒さんでもあります。
料理やお菓子作りをお教えしても、その成果や上達具合を具体的に知る機会はあまりありませんが、今回、私ははっきりとその方の進歩を感じたからです。

他にも、料理はもちろん、選んでいただいたワインや、チーズ、サラダに至るまで全て美味しかったし、私達のし好もふまえて気持よくもてなしてくださいました。

大袈裟かもしれないけれど、言葉でもなく、私が一番お伝えしたかった部分が少しずつでもこうして伝わっているのだと実感できて、本当に本当にとても嬉しい晩になりました。

そうそう、タイトルにした老舗のザッハー・ホテルのザッハ・トルテもとても美味しかったですよ♪
私が興味津々に味見をしていたので、もしかしたら自分でも作ってみるのかと質問されましたが、私は基本的にフランス菓子を作ることにしているので、ザッハトルテは多分作らないでしょう。。。美味しかったですけどね♪


[PR]
by kuma-rennes | 2014-08-27 01:17 | 美味しいお店/レストラン | Comments(6)
Commented by M at 2014-08-27 07:47 x
私も悪いけど、ザッハ・トルテよりもまず、ロールケーキがいいなと思いました!
それと端の方で切れちゃってるけど、ショコラのフィナンシェかな?と思われるのも美味しそうだなぁと!
生徒さんがお家に招いてくれて、kumaさんから習ったお菓子でおもてなししてくれるなんて、素晴らしいことですね。
嬉しいことこの上ないですね!
Commented by マダムK at 2014-08-27 16:41 x
それはそれは、楽しい夕食会だったことでしょう。
ご自分の生徒さんが、おもてなしをしてくださって、しかも、kuma-rennes がお伝えしたかった事がきちんと伝わって、上達されていたのは、本当にうれしいことだと思います。そして、お二人のし好もふまえてのおもてなしというのは、kuma-rennes さんたちのことを、心から大切に思われているからですね!
ロールケーキの生地、とても、綺麗に焼けていますね。巻き方も良い感じ♪嬉しくなりますね(^^)/

そして、ザッハトルテも、とっても、興味あり!まだ、本場のものは口にしたことがないので、一度あじわってみたいでーす!
Commented by kuma-rennes at 2014-08-27 23:52
Mさん
背伸びしていなくて、だけど気持を込めてご用意してくださったのがとても伝わったんですね。
全体のバランスもとてもよくて、食後はお腹が一杯だったけれど、気持のよい満腹感が得られました。

ショコラのフィナンシエは私が持参していきました。時間がなくて何も用意できなかったんですが、そんな中途半端なものは必要なかったくらいでしたよ。
Commented by kuma-rennes at 2014-08-28 00:11
マダムKさん
私が伝えたいこはとてもシンプルで”ちゃんと素材を選んできちんと作る”ということなんです。
それをやらないと、自信がないからあれこれ加えていくことになって、全体のバランスが崩れるんです。
無理したり、背伸びする必要は全然なくて、自分なりに努力するのが大事で、そういうことは相手に伝わると思いました。

ザッハトルテはフランス菓子みたいな繊細さはないけれど、存在感のあるお菓子ですね〜
中の杏のジャムがいいアクセントになっています。日持ちがすることも考えるとすごいお菓子だなと思いました。
Commented by moko-scafe at 2014-08-28 01:42
お~それは嬉しいおもてなしですね!
自分で教えたレシピを再現してくれるのは、生徒さんも美味しかったし作りたいって思って下さった証拠ですし☆
下の記事のフレジエも相変わらず美味しそうで食べたくなりました!(^^)!
Commented by kuma-rennes at 2014-08-28 03:21
mokoさん
あっ!このロールケーキは私がお教えしたレシピではないかもしれませんが、重要なのはそれが美味しかった!ということなんです。それに綺麗に巻けていますしね〜。

お料理の方は私のお教えしたものを忠実に再現してくれましたが、そうであってもなくても”美味しいもの”を作れればそれでいいんだと思います。
私はレシピや作り方をお教えしているというより、美味しいものはどうして美味しいかということが分っていただけたらもうそれでいいと思っているんですよ。
<< マルシェの食材 料理とお菓子の会”Fraisi... >>