<< 週末のご飯♪ Saucisse de Tou... >>

グヤーシュとミルフォイユ

ハンガリーのお土産でパプリカのパウダーをいただいたので、それを使って何か作ることにしました。現地ではパプリカのスープが美味しかったというのでそれにしてみました。

調べたらグヤーシュというんですね。ドイツでも親しまれていて、各家庭それぞれのレシピがあるそうです。とろみのあるタイプもあったけれど、私はスープが飲みたかったのと、固いお肉ではない方がよかったので、今回もテールスープにしました。
e0228108_01120591.jpg
けれど、今回は牛は牛でも子牛の尻尾です。この方が小振りで食べた感じも少しマイルドになります。他には玉葱、人参、ピーマン、トマト、ジャガイモなどと合わせていただきました。とーっても美味しかったです♪

それから時間のあるうちに練習しておこうと思っていたものがたくさんあって、そのうちのひとつの折りパイ生地を作りました。アンヴェルセという逆折りの方法です。

出来上がった生地で何が食べたいかとコパンに尋ねたら、ミルフォイユ!という答えだったので、苺と合わせて作りました。
e0228108_01131642.jpg
カスタードクリームはピエール・エルメのレシピで、卵黄が多いのと、フランパウダーを使っているのがポイントです。あとはバターも。
全体的なバランスもよかったけれど、特に生地が軽くて美味しかったのでよかったです。

出来立てのミルフォイユは最高だな〜と思いました。

[PR]
by kuma-rennes | 2014-08-30 01:16 | お菓子作り | Comments(4)
Commented by M at 2014-08-30 08:19 x
ハンガリーのグヤーシュ、作られたんですね。
あちらは、パプリカ料理が有名ですよね。
凄く、美味しそう!テールスープと言うのもいいですね。
kumaさんのミルフォイユは、カスタードクリームがピエール・エルメのレシピなんですね。
ドゥ・ミルフォイユのクリームと同じかな?
それにしても美味しそうです!
ミルフォイユは、できたてが格別、美味しいですよね。
4年前、ジャック・ジュナンのサロンで、できたてミルフォイユを食べて感動しました。
Commented by kuma-rennes at 2014-08-31 00:08
Mさん
2000フォイユのレシピではないんですよ。それをするならパイ生地からきちんとレシピ通りにしないといけないかなと思ったので。
私は自分の家の食事に合うような少し軽めのレシピでお菓子も作ります。
出来立てのミルフォイユって美味しいですよね。
ジャックジュナンは生菓子はもう販売していないと聞きましたよ。残念ですね。
Commented by マダムK at 2014-09-01 23:17 x
美味しそうなテールスープ!食べたいです~!
そして、なんて美しいミルフォイユ!私はアンヴェルセという逆折りのパイ生地を作ったことがないので、とても、興味をもちました!随分、軽い雰囲気に仕上がるのですか?一度、トライしたいです。
それにしても、本当に美味しそうなミルフォイユです―――!出来立ては、危険な食べ物ですね(#^.^#)
Commented by kuma-rennes at 2014-09-02 21:53
マダムKさん
アンヴェルセのパイ生地の方が食べた感じは軽いですが、バターの量はクラシックなものよりも多いですね。
バター生地が外側にくるので、その分、バターの風味や香ばしさが表に出る様な感じがします。
<< 週末のご飯♪ Saucisse de Tou... >>