<< Kouign amann au... セップ茸と鴨肉とリンゴのショソン >>

Saucisson en Brioche

先日、常設市場の横の総菜屋さんでリヨンのソーセージを見つけたので買ってきました。

私はこれをもうずーっと前から探していましたが、なかなかないのでもうリヨンに行かないと無理なのかと思っていました。

これがそのリヨンのソーセージです。一見、何がどう違うのか分りませんが、中にピスタチオが入っているのが特長です。
e0228108_04070238.jpg
ネットで調べてみたら、茹でてじゃがいもと一緒に食べるのが一般的のようですが、私はブリオッシュに包みたかったのです!
ジェラールミュロの本に載っていたのが美味しそうだったので、食べるのも作るのもずっと夢見ていました。

けれど、型とブリオッシュ生地とソーセージの大きさのバランスがうまく掴めず、巨大なものが出来上がってしまいました!!
e0228108_04082797.jpg
でも、焦らない、焦らない。ブリオッシュ生地は上手くできたので、見た目にはがっかりしないで味わうことにしました。
e0228108_04101107.jpg
食べてみたら、少し酸味があって美味しいソーセージでしたが、何よりもピスタチオがやわらかくなって豆みたいな食感だったのがまたよかったです。
ブリオッシュ生地もふわふわで、はっきり言って別々で食べてもいいくらいでしたが、これも昔からあるフランス料理のひとつみたいなので、こうしてチャレンジすることができて自分としては満足しています。
というのも、このソーセージは白ワインとハーブと玉葱と煮たりして、少し手がかかっているんですよ。

でも、次回は普通にジャガイモと一緒に思いっきり味わってみようと思います♪


[PR]
by kuma-rennes | 2014-09-04 04:12 | 料理
<< Kouign amann au... セップ茸と鴨肉とリンゴのショソン >>