<< サツマイモのタルト 料理とお菓子の会”Paris・... >>

みんなでAOZEN♪

土曜日は”料理とお菓子の会”を終えてから、友人達とアオゼンのレストランで夕食に出掛けました。

メンバーは女性4名に、しっかり、ちゃっかりコパンも同席して5名の会です。

(飲める人達は)ブロン・ド・ブロンのシャンパーニュで乾杯して、前菜は出始めたばかりのホタテの料理をいただきました。旬をおさえていますよね。
e0228108_01111953.jpg
ソースにレモンクリーム、カラフルなカブやグラニースミスのリンゴを合わせた爽やかなスタートです。
ワサビのムースやショウガで風味をつけていたのもポイントです。
ソムリエのマダムの合わせたワインは、シャブリの近くだけれど、ソーヴィニョンのセパージュで作ったという白ワインでした。

ふた皿目は鶏肉にオマールを合わせていて、茸とフォアグラの泡のソース、ジロル茸とピーナッツのピュレを添えていました。
e0228108_01130273.jpg
このピーナッツのピュレが美味しかったです。ワインはジュラの白ワインで、鶏肉なのでvin jaune(黄色いワイン)かと思いきや、普通の白なんですって。確か前にもこちらでジュラのワインをいただいたことがありますが、なかなか珍しいし、料理とも合って私はとても好みのワインでした。

そして次はグラスに赤ワインが注がれたので当然肉料理かと思っていると、rouget(赤い魚/ひめじ)に赤ワインのソースを合わせたプレートだったので、ちょっとしたサプライズでした。
e0228108_01201232.jpg
添え物は茄子とマルジョレーヌのピュレに小葱、チンゲンサイ、フヌイユ、マスタードの葉、チョリソー、オリーブなどです。ワインはクロゼ・エルミタージュした。クロゼ・エルミタージュは私はあまり好きではなかったのですが、これはとても飲みやすかったし、コパンも気に入っていました。

デザートはショウガで風味をつけた洋梨と、スペキュロスのビスキュイ、ショウガのコンフィ入りのアイスクリームが添えてありました。洋梨はちょっと若すぎる感はありましたが、ショウガのアイスがとても美味しかったです。
e0228108_01315977.jpg
いつものようにワインも料理もとても美味しかったし、料理は更に手間をかけていて色々な味が楽しめたのは嬉しいのですが、それによって全体的な印象がバラついたり、存在感に欠けた点も正直あると思いました。

20時から始まって気付いたら24時!!!楽しくて美味しくて時間があっという間に過ぎた夕食会でした。たまにはこういうのもいいですね♪

[PR]
by kuma-rennes | 2014-10-13 01:56 | 美味しいお店/レストラン
<< サツマイモのタルト 料理とお菓子の会”Paris・... >>