<< 葛餅 味噌仕込み >>

赤ワインとリンゴのタルト

以前、テレビ番組でパン屋さんが作っていた赤ワインとリンゴのタルト。
真似してみたらとても美味しかったのにずっと忘れていたところを、コパンにリクエストされて久し振りに作りました。
e0228108_4363420.jpg

これがとっても簡単なのに、ブリゼ生地とリンゴと赤ワインのナパージュというたった3つの組み合わせが何ともいえずにマッチしてお互いの美味しさを引き出してくれます。
特にブリゼ生地のバターの風味がよく香って、極上のクッキーを食べているような軽さ。タルトの主役ってこの生地なんだと改めて思わされました。また時々作ろうと思います。

そしてこちらは水曜日のマルシェで仕入れた魚貝類を使った水曜の夕食です。
カリフラワーとパンチェッタのオリーブオイルソテーと小振りのイカをトマトソースにからめた前菜です。
e0228108_438640.jpg

このカリフラワーは、マルシェで見かけたレストランのシェフが買っているのにつられたんですが、とても巨大で2人で消費するのを四苦八苦しています。が!とても味が濃くて美味しいです。
e0228108_4401795.jpg

メインはカジキマグロのバターソテー。春菊もソテーして添えました。
春菊は水曜日のマルシェに出ているアジア系のお店でしか見かけないので、あるといつも買っています。
[PR]
by kuma-rennes | 2014-11-08 04:45 | お菓子作り | Comments(2)
Commented by M at 2014-11-08 09:09 x
赤ワインのリンゴのタルト、前にも作られていましたね。
凄く奇麗なワイン色のリンゴで覚えています。
リンゴのお菓子は大好きなので、食べたいなぁ。
カリフラワーとパンチェッタのソテー、イカをトマトソースで絡めたのって美味しそうですね。
カジキマグロのバターソテーもいいですね。

北海道では11月から毎年、雪が降りますよ。
珍しいことでは、ないです。10月末に初雪降るときも!
コパンさんは、東京でkumaさんは、神奈川のご出身でしたか。
私は、東京で10年働いて、6年、下町の荒川区の町屋、4年、神奈川の川崎市、武蔵小杉と元住吉に住んでました。
東急東横線沿いです。代官山にデザイン事務所がありました!
Commented by kuma-rennes at 2014-11-09 01:29
Mさん
リンゴのタルトなのにりんごが主役でもないというのがこのタルトの面白いところだと思います。3つのパーツ全てが直角三角形のようにぴったり合わさっている感じです。
タルト生地のバターの香りがこんなに感じられるのも素晴らしいと思いました。シンプルなだけに美味しかったです。

北海道はもう冬ですね。こちらもそろそろと云う感じです。
Mさんは東京には10年住まれていたんですね〜
<< 葛餅 味噌仕込み >>