<< Pot-au-fou 料理とお菓子の会”Truffe... >>

美しいアントルメ

週末のことですが、パリ帰りの友人家族から素敵なプレゼントをいただきました。

ピエール・エルメの生菓子です。もう、うっとり。。。
e0228108_01524674.jpg
手前のお花みたいなケーキはヴィーナスという名前で、この花びらみたいなのはりんごで作ってあります。中はピンク色のバラ風味のムースと塩入サブレで構成されていました。
まず、りんごとバラの組み合わせが合うのが意外だったのと、塩入サブレとリンゴなんてとてもブルターニュ風だけれど、それでこんなに繊細なお菓子がイメージできることが素晴らしいと思いました。

奥はキャレモン・ショコラで、こちらはピエールエルメの定番のチョコレートケーキですが、私は初めて食べました。6、7層くらいの様々なチョコの味、食感でこちらも素晴らしいハーモニーでした。ビスキュイとかないんですよ。全てチョコ。

私はチョコレートのお菓子が一番好きというわけではないので、自分ではあまり選ばないケーキかもしれませんが、あんなに美味しいヴィーナスよりもこちらの方が完成度は高いと思いました。見た目はもちろん、味わいの感動ももたらしてくれるピエールエルメのお菓子は本当にすごい!!と思います。

他にもイスバハンのクロワッサンやミニクグロフなど、朝起きるのにウキウキするようなヴィエノワズリーも一緒にいただいて、パリから戻ってすぐに家まで届けてくださったんですよ!
一体何事かと思ったけれど、こんなに美味しいプレゼントだったなんて、一足早いサンタクロース一家が登場したような嬉しいサプライズでした♪



[PR]
by kuma-rennes | 2014-12-11 02:19 | 美味しいお店/レストラン
<< Pot-au-fou 料理とお菓子の会”Truffe... >>