<< レモンのタルト 料理とお菓子の会(特別編) >>

夜更けのクグロフ

お茶会であんなにたくさんあったお菓子もその日になくなってしまい‥…翌日のデザートはどうしようか考えていたらどんどん時間がたっていきました。
余った材料を消費しようとするより、自分が食べたいお菓子を作る方が断然やる気がでます。

そうして15時過ぎから重い腰をあげてクグロフを作ることにしました。クグロフはずーっと時間ができたら作りたいと思っていました。自分の中でちょっと確認したいことがあったからです。

焼き上がったのは21時を過ぎていました。。。ここで食べるか、明日にするか。。。もちろん迷いはしません!!
e0228108_01105777.jpg
今回は、よく捏ね、よく発酵させて‥…と、ごく普通のことを丁寧に行なっただけなんですが、オーブンに入れてからの膨らみが半端なかったです!

切り分けても、食べてみてもフワフワで美味しくて、夜中のクグロフに悔いはないと思いました。翌朝ももちろんフワフワのままでした♪
e0228108_01095514.jpg
これだけで相当美味しいと思いましたが、今回はルヴァンを加えなかったので、ルヴァンを入れた方がよりパン菓子としての存在感は上がると思いました。次回はまたルヴァンを入れて作ってみようと思います。
フワフワ、しっとりだけが最高の形容詞ではないですからね。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-02-05 01:13 | お菓子作り | Comments(2)
Commented by M at 2015-02-05 06:29 x
クグロフを作り始めて15時過ぎで焼き上がりが21時過ぎだったのですね。
やはり、発酵に時間がかかるのでしょうか?
知らなくてすみません。
まぁ!ふわふわで美味しそうですね。
これは、出来上がり直ぐと翌朝が楽しみになりますね!
Commented by kuma-rennes at 2015-02-06 06:40
Mさん
このクグロフは発酵は3回で4時間以上かかります。
低温長時間発酵で一晩またいでもよかったのですが、その場合は夜から始めないとなりません。
パンは計画的に作るのもポイントですね。
<< レモンのタルト 料理とお菓子の会(特別編) >>