<< 料理とお菓子の会”Cannel... 夜更けのクグロフ >>

レモンのタルト

先日、郵便箱に消印のない手紙が入っていました。封を開けると、日本に興味を持っている大学生の女の子から日本語を教えてほしいという内容が細かくびっちりと便せんに書かれていました。

どうして私達のことを知ったのかというと、私達のアパートのすぐ裏手に住んでいるようで、コパンがよくベランダに出ているのを見かけたからだそうです。
手紙には携帯番号が書いてあったので、彼女に連絡をとって、昨日の夕方にうちにやってくることになりました。

それで私は何かお茶菓子でも‥…と思ってレモンのタルトを作りました。
e0228108_00264587.jpg
時間きっかりにチャイムを鳴らした彼女は手作りのリンゴのクランブルのお菓子を持参してきてくれました。若いフランス人の女の子で、そんなに気の効いた子はなかなかいないと思います。

話してみてもとても明るくてチャーミングな女の子で、あんまり日本のアニメや漫画に影響されているようだと困るなぁと思っていましたが、去年の夏に日本にひと月くらい滞在していて、自分の考えをしっかり持っているようだし、会話程度の日本語ならば、これから時間のある時にちょっとくらい教えてもいいのではないかと思いました。といっても、教えるのはコパンですけどね♪

でもひとつ(私的には)問題があって、彼女はグルテンの入っているものにはアレルギーがあるそうです。というわけで、レモンのタルトも生地の部分は少し残していましたが、全く食べられないわけでもないようです。それに彼女が作ってきたお菓子のクランブルもグルテンがないわけではないし、こちらの主食のパンも食べていないのかしらと思ったら、一体どういう食生活なのだろうと想像しました。それで日本食は主食がお米だから大好きだとも言っていましたが。。

私の作ったタルトに話を戻すと、生地はサブレ生地にアーモンドクリーム、レモンクリーム、メレンゲの4層です。
e0228108_00283636.jpg
いつもはブリゼ生地で高さのあるセルクルを用いますが、今回はタルト用に低いセルクルで作ってみました。絞りも星形なので雰囲気も少し変わりますね。

先日のお茶会でお客様が作ってきたくださったお菓子を順に作っているようですが、それは全くの偶然で、でもこうなると次はパリ・ブレストでも作ろうかという気分になってきます。いずれにしてもいい確認ができているのは確かです♪



[PR]
by kuma-rennes | 2015-02-07 00:41 | お菓子作り
<< 料理とお菓子の会”Cannel... 夜更けのクグロフ >>