<< AOZEN マルシェの買物 >>

鶉とパスタ

この日は確か”お菓子の会”のあった日曜日だったと思いますが、そういう日の晩ご飯は簡単で美味しいがモットーなので、土曜のマルシェで計画的に買物をしていました。

鶉は小さいので火の通りが早いのがいいです♪
人参や小玉葱、茸(今回はピエ・ムトンという種類)と一緒にココットで10分程度火にかけただけです。
赤ワインを入れて、バニュルスも少々加えてほんのり甘みを足しました。
e0228108_02120963.jpg
お皿に対して具がてんこ盛りで”森の愉快な仲間達”(?)みたいになっていますが、簡単で美味しい!でいえば最高の夕食になりました。

それからこちらは今日のお昼ご飯。
冷蔵庫にあったマッシュルームにポアロー葱、パンチェッタというあり合わせなんですが、たったひとつスウブルサードという半生のチョリソーが少し残っていたので風味づけに入れてみました。
e0228108_02134557.jpg
そうしたらこれがとても美味しくて、目玉焼きに合わせる以外にももっと色々応用が効きそうだと思いました。ちょっと塩辛いところがアンチョビの存在感に近いので、(こちらは全然生臭くはないですが)アンチョビみたいに使うとアレンジしやすいかもしれません。

以上、簡単で美味しいご飯でした♪



[PR]
by kuma-rennes | 2015-02-11 02:31 | 料理 | Comments(2)
Commented by M at 2015-02-11 08:45 x
鶉のお肉は、凄く美味しそうです。
ココットで10分程度火にかけて、これだけ手のこんだ
感じになるのですか。いいなぁ。
半生チョリソーって響きで、もう、美味しいですね!
前も書きましたが、このパスタの麺が、他とはちがって
凄く美味しそうなんですよね。色が違いますね。
確か新鮮な卵を使った麺だとか!見ただけで解ります!
Commented by kuma-rennes at 2015-02-11 23:41
Mさん
フランスの家庭料理って、素材重視でけっこうこんな風に簡単ですよね。手をかけたとしたら、お皿に盛る時にそのままではなくて鶉の部位を食べやすく切り分けた程度で‥…でもちょっと何がなんだか分らないプレートだなと思いました。
鶉はとっても美味しかったです。
パスタは普通に美味しい程度だと思いますよ♪
<< AOZEN マルシェの買物 >>