<< 春の訪れ 料理とお菓子の会”Claire... >>

ポアラーヌ風クッキー

パリにあるポアラーヌのようなクッキーを作ろうと思って試作しました。

昨日の”お菓子の会”のサブお菓子にもお出ししましたが、タイプ45の小麦粉を使用したので本家よりも随分軽い食感に仕上がりました。レシピはネットで探した一番シンプルなものをアレンジしました。
e0228108_05350160.jpg
コパンに食べてもらうと、まず砂糖の量を増やした方がいいと言われました。食べた感じは、ポアラーヌのクッキーのことは忘れて気に入ったようです。

そして今日はタイプ55の小麦粉を使って再度作ってみました。砂糖も増量し、今回はグラニュー糖をザラメに変えてみました。
e0228108_05334975.jpg
食べた感じは、素材(小麦粉)自体の味の違いはあるものの、ポアラーヌの感じにぴったりでもうこれで決まりだと思っていたら、コパンに水分が多いと指摘されました。思い返してみると、卵の量を勘違いして少し多めに加えていました。(どうして分るんだろう。。。)
そして、ポアラーヌのクッキーのことなどすっかり忘れてしまったコパンから、「もう少し軽い食感の方がいい」と自分の好みを伝えられたので、次回は粉をブレンドして作ろうと思っています。

ポアラーヌ風ならばタイプは55の粉でいいと思いますが、ここまで来たらコパンの好きなクッキーを作ってあげようと思います。
こういうシンプルなお菓子は素材(小麦粉)の違いがよく出るので別の観点からもとても勉強になっています。気軽な思いつきでしたが作ってみて良かったです♪

ラストは、こちらも昨日の会にお出ししたチョコとフランボワーズのマカロンです。
e0228108_05360747.jpg
ジャムにしたフランボワーズがまだ若くて酸っぱかったので、ほんの少しバニュルスの赤ワインを加えたら味に奥行きが出ました。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-03-10 05:52 | お菓子作り | Comments(6)
Commented by M at 2015-03-10 08:08 x
この前のお菓子の会のテーブルにあったサブレは、
ポワラーヌ風のサブレでしたかぁ。
美味しそうだなぁと見ていました。
ポワラーヌのサブレは、素朴で飽きのこない美味しさですね。
コパンさん焼き上がりから水分が多いと、良くわかりますね。
凄いです!
このマカロン、見た時から美味しそうだなぁとおもっていたんですよ。
フランボワーズのジャムにバニュルスの赤ワインを加えたんですね。
食べてみたいです!
Commented by マダムK at 2015-03-10 12:43 x
こんにちは!
昨日の”お菓子の会”のメインはもちろんのこと、サブお菓子のクッキーが、「おいしそう!」と、私の中で、かなり、気になってたんです!そしたら、今日が、そのクッキーの話題だったので、嬉しかったです!
こういう、シンプルなクッキーを思い通りの味にするのは、時間がかかりますよね!今後も楽しみにしております!
Commented by kuma-rennes at 2015-03-11 01:58
Mさん
コパンはなんでもかんでも批評するわけではないんですが、私がしつこく感想を求めると、しっかりと応えてくれるので頼もしいです。
今日は新しい小麦粉を仕入れてきたので、これでまた新しい試作ができそうで楽しみです♪
Commented by kuma-rennes at 2015-03-11 02:01
マダムKさん
こんにちは!
小麦粉の種類を変えただけで味や食感が大きく変わったので驚きました。
55の粉の方がぐっと味わいが出て美味しいですが、かたくなりました。まさにポアラーヌ風です。
45は食感が軽くてそれはそれで美味しいです。
こういう試作も楽しいですね♪
Commented by moko-scafe at 2015-03-12 14:12
コパンさんのように舌が敏感で、お菓子*お料理*ワイン全般何でもよくご存知の方が近くにいるとアドバイスも納得がいくし、試作をしている上で心強いですね!
フランスはお粉も色々なタイプがあって、日本とはまた違って味わい深そうですね。
シンプルなクッキーだけに、お粉、水分量の微妙な差異が味に影響してくるんでしょうね!
マカロンも美味しそうです〜♪
Commented by kuma-rennes at 2015-03-13 00:23
mokoさん
確かに、自分の好みだけでなくて、納得のいくアドバイスをもらえるのはありがたいですね。
粉はたくさん種類があるんですよ。主食がパンの国ですからね。種類はもちろん、生産者も色々なので、奥深く探求していくとキリがなさそうですが、今後はちょっとレシピの探求だけでなく、素材の探求にも力を入れようと思っています。
<< 春の訪れ 料理とお菓子の会”Claire... >>