<< パウンドケーキの特訓 続)クッキーの試作 >>

週末のご馳走

この週末もリスのマルシェで仕入れた美味しいものをたくさん食べました。

土曜日は基本的に魚介類を食べることにしているので、ホタテをカルパッチョにして前菜にしました。
e0228108_05252487.jpg
メインはサンピエール(的鯛)。バターで焼いて、白ワインと生クリームでソースにしました。
e0228108_05283491.jpg
付け合わせは茹でただけのじゃがいもといんげんですが、この小さいジャガイモが甘くて美味しかったです♪

そしてこちらは金曜日の夕食で、子羊肉のCôtes découvertesという肩の上の背肉です。ちなみに背肉の部位は幾つかあって、一番上等なのがこのCôtes découvertesの下のCôtes premières(中央部の背肉)で、もうひとつCôtelette-filet(後部背肉)というのもあります。
e0228108_05264158.jpg
これも鴨の脂でフライパンで焼いただけ、野菜も茹でただけの超シンプル料理ですが、いい素材はそれだけで充分。。。とっても美味しくいただきました。

フランス料理って手がかかるイメージですが、こういう風にフランスならではの素材をシンプルに食べるのもやはりフランス料理といえるのではないでしょうか。家庭料理ならばこれで充分といえるし、時間も30分とかけずにご馳走のできあがりです。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-03-16 05:52 | 料理 | Comments(2)
Commented by M at 2015-03-16 07:03 x
kumaさんのフランス料理がいいですね。
ホタテがたっぷりのカルパッチョ!
白ワインと生クリームのソースの的鯛に
仔羊の肩の上の背肉なんて、凄く美味しそうです。
見てたら食べたくなりました。
仔羊肉食べたいです。北海道は仔羊肉ないです!
Commented by kuma-rennes at 2015-03-16 23:33
Mさん
こういう風にシンプルに食べるのが好きなので、調味料も本当に少ないんです。美味しい塩と胡椒、バターとオリーブオイルを揃えておくだけです。

羊をアニョー、ムトンと分けるのも、牛をヴォーとブフに分けるのも、それだけ需要と供給があるからなんでしょうね。
鶏類も雄雌、生後何ヶ月かで細かく分類されて呼び名も変わるんですから、お肉に関してフランスは本当にすごいなと思います。
<< パウンドケーキの特訓 続)クッキーの試作 >>