<< Beuvron-en-Auge 料理とお菓子の会”Jalous... >>

鴨せいろ、と他

前に実家から送ってもらった荷物の中に乾麺のそばが入っていたので、こちらのカネットと一緒に鴨せいろを食べようとずーっと考えていました。

それを食べるために、まずは鴨1羽購入することから入るので、解体して脚の部分をココットで蒸し煮にしました。
e0228108_04302756.jpg
思うに、鴨に関しては脚よりも胸肉の方が食べやすいし、美味しいと思います。だからマグレ(フォアグラ用に肥育された鴨の胸肉)はよく出回っていますが、脚はコンフィになっているものが多いんでしょうね。。。コンフィになっていると食べやすいですもん。

フォアグラ用の鴨と違ってカネットは小さいので、この日は添え物の野菜を多めにして食べました。

そして胸の部分は脚と一緒に表面に焼き目だけつけておいて残しておきました。
e0228108_04173364.jpg
この鴨せいろが食べたかったんですよ!!!
そばも美味しく、鴨肉も美味しいので、もう言う事はありませんでした。

それから今夜は子羊肉を煮てキュリー・ダニョー(子羊肉のカレー煮込み)を食べました。
e0228108_04154828.jpg
玉葱、人参、マッシュルーム、トマト、りんごにスライスアーモンドと具沢山です。
添え物はパスタ。イタリアンの総菜店で買った生パスタですが、名前は忘れてしまいました。黄色の色が濃いのは普通のパスタよりも卵の量が多いからだそうです。なかなか気に入ったのでまた買ってみようと思います。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-04-09 04:34 | 料理 | Comments(2)
Commented by M at 2015-04-09 07:15 x
わぁ!鴨せいろがいいですね。
全部美味しそうですよ。
乾麺は、外国に贈る時に重宝しますね。
私も稚内からリヨン近郊の友達にそばの乾麺を贈りました。
喜ばれましたね。ブルトンヌなのでそば大好きなんです。
仔羊肉のカレー煮込みがたまらなく美味しそう!
Commented by kuma-rennes at 2015-04-12 01:00
Mさん
お返事遅くなってしまってごめんなさい!
私は関東人なので、うどんかそばならば断然そばなんですよね。
おそば屋さんではこの鴨せいろをよく食べていました。
日本で食べるよりも鴨は美味しくてボリュームたっぷりで嬉しかったです♪
<< Beuvron-en-Auge 料理とお菓子の会”Jalous... >>