「ほっ」と。キャンペーン
<< Musée Fragonard GARANCE☆前編 >>

GARANCE☆後編

GARANCEのレストランの続きです。

メインは2人共乳飲み子羊肉を選びました。
e0228108_21463424.jpg
2通りということで、2回に分けて異なる部位を異なるプレゼンテーションで出してくれました。
ワインはグラスでSt.Josephの赤を飲んでいました。
e0228108_21481177.jpg
ふた皿目はセル・ダニョーで底の赤いソースがスパイシー。白いんげん豆のピュレと温野菜の盛り合わせが別皿で出てきました。こちらの方が美味しかったかも。。。

デザートはチョコと洋梨と2種類あったので、こちらも2人共洋梨の方を選びました。
これがちょっと凝っていて、洋梨のコンポートに苺のアイス、グリンピースのピュレ、野菜のソース、そしてハイビスカスのメレンゲが載っていました。
e0228108_21495899.jpg
この全てが混ざってひとつのハーモーニーを表現するのだと思います。洋梨が全く甘くなくてほとんど野菜みたいだったのは狙ってのことだと思いますが、それでは主役が分らない、伝わらないような気もしました。ただ、全体で食べて非常に軽くて食べやすかったので、それはそれで良かったのかもしれません。

そして、食後のコーヒーのミニャルディーズに出されたフィナンシエがとっても美味しかったです!
e0228108_21514163.jpg
ノワゼット入りのフィナンシエにカシスのクリームとsureau(にわとこ)の花が飾られてとってもキュート!!
このクリームはクリームチーズを使っているようでとても濃厚。コーヒーと共に最後にキュッと食事全体が引き締まりました。

全体的には前菜とミニャルディーズがとても印象に残っています。子羊肉も美味しかったけれど、時間がたつと忘れてしまうかも。。。
思ったのですが、前菜は料理人のセンスが試され、メインは食材の良さが前面に出るような気がします。どちらも料理人の腕によって支えられますが、食べた人を感動させるには、今回のメインではちょっと物足りなかったのが本音です。2通りに手間をかけるならば素材を追求する方が潔かったのではないかとも思いました。でも、この子羊肉だってとても美味しかったのは事実なんですよ。

あとは、ひと皿のパーツが多いので、おんなじ料理でも私とコパンのお皿ではかなり表情が異なっていたのが面白かったです。まるで抽象画みたいなんです。そういう荒削りなところもお店やシェフ、スタッフの雰囲気と重なって、これからどんどん勢いよく攻めていくレストランになるのではないかしらと楽しみになりました。






[PR]
by kuma-rennes | 2015-05-09 04:09 | 美味しいお店/レストラン | Comments(2)
Commented by M at 2015-05-10 07:51 x
いよいよ、メインとデザートですね。
乳飲み仔羊肉、ピンク色で奇麗な肉質ですね。
ふた皿目もおいしそうだし、別皿の白いんげん豆のピュレと温野菜の盛り合わせがいいですね。
わぁ!デザートの花が可愛いですね。
クリームチーズが使われたデザート、食べてみたいです!
Commented by kuma-rennes at 2015-05-11 01:09
Mさん
ここは勢いと伸びしろがあって今後も楽しみなレストランだなと思いました。若手のシェフで探したのも楽しかったです♪
<< Musée Fragonard GARANCE☆前編 >>