<< 食材と豚の角煮 Manoir de Lan-K... >>

Presqu'île Renote

ホテルを出る時に少し散策してからレンヌに戻ろうということになり、レセプションの人にお勧めの場所を聞きました。

幾つかありましたが、Trébeurdenから北に向かったTrégastel-Plageという町のRenote半島へ行ってみることにしました。
この辺り一帯の湾岸線を"Côte de Granit Rose"と呼んでいます。
e0228108_22402064.jpg
少し歩くと、こんな風に花崗岩がたくさんの独特な景色が待っていました。(granitは花崗岩の意味)ピンク色の花崗岩海岸ということですね。
e0228108_19354860.jpg
反対側は砂浜の海岸になっていますが、こちらも花崗岩が連なっています。
e0228108_22373628.jpg
半島の手前に駐車場があるので、そこで車を停めて徒歩での散策となります。
町を振り返ると、家の周りにもやはり花崗岩が‥…。
e0228108_05210354.jpg
2,5キロの短いルートでしたが、朝のお散歩には丁度よかったです。
やはり、凸凹道を自分の足で歩かないと、こういう景色にはたどり着かないのだと実感しました。

こういう個性的でダイナミックな海岸はブルターニュの、特に北側の特長だと思います。見慣れると他の海が物足りなくなるくらい‥…大自然を感じさせてくれます。時には粗野で荒々しく厳しくも感じますが、それも含めてブルターニュの海の魅力なのだと思います。

これから、もっともっと、散策するぞー!!!








[PR]
by kuma-rennes | 2015-05-26 05:34 | 旅行/散策 | Comments(4)
Commented by M at 2015-05-26 07:15 x
Renote半島へ行かれたのですね!
ほぉ!ピンク色の花崗岩海岸だから"Côte de Granit Rose"
と呼んでいるのですね。奇麗ですね。
空の色も段々と青くなって来てますね。
海岸を散歩するのは気持ち良かったでしょう。
海も青くて、お花も咲いて奇麗な所ですね!
Commented by kuma-rennes at 2015-05-26 22:25
Mさん
このピンク色の石が材料になるのだと思いますが、建物もちょっとピンクというか、茶色がかっていましたね。
半島のてまえに水族館があって、この大きな石が重なっている面白い造りになっていました。

のんびりいい時間が過ごせましたよ〜
Commented by moko-scafe at 2015-05-27 23:15
うわ~、なんて綺麗な海岸☆
特に二枚目のお写真、砂浜の色といい空の色といい、
ポストカードになりそうなぐらい素敵です。
レンヌ、本当にいいところですね☆
Commented by kuma-rennes at 2015-05-28 01:34
mokoさん
朝のうちは曇っていましたが、だんだん晴れてきました。
半島になっているので、時間と方角によって、そして天気によって同じ海でも色が異なりますね。
ここはレンヌからは200キロくらい離れた海岸なんですよ。
レンヌには河はありますが、海はありません。
レンヌはブルターニュの入り口の首都だけれど、海に出るには1時間くらい車で走らないといけないんです。
<< 食材と豚の角煮 Manoir de Lan-K... >>