<< AOZEN 26/06/15 ブルゴーニュのワイン >>

肉と焼き菓子

そのまんまのタイトルですが、最近作って食べた肉料理と焼き菓子です。

これは先週作ったもので、子牛肉に野菜のココット煮、トマトとモッツァレラのサラダです。
e0228108_05290415.jpg
野菜のココット煮は確か少し前にも作りましたが、その時は空豆を一緒に火にかけて全体的に色がどんよりしたので、この時は空豆だけ別に火を通して薄皮を剥きました。この手間をかけるくらいならばグリンピースの方がよいのかもしれませんが、この日はグリンピースがなくて空豆があったのでしょう。。。
子牛肉は豚肉と似ているのでわざわざ高価な方にしなくてもいいのにと言ったらコパンに全然違う!と驚かれました。

そしてこちらはパンドジェンヌ。
e0228108_05265694.jpg
20センチの新しいマンケ形を空焼きしようと思ったのですが、どうせなら何か焼いてしまおう!と思ってパンドジェンヌを作りました。お試しなので焼き上がりはコニャックを塗っただけでナパージュは無しで食べました。しっかり泡立てたので美味しかったです。
卵3個に対してアーモンドパウダーを110gも使っているので相当な量だと思います。時々無性にアーモンドの風味を味わいたい!と思うので、そんな時に作ります。

これは牛肉のカルパッチョ。
e0228108_05251758.jpg
昨日くらいから暑くなりだしたので、そういう時はけっこう生肉をいただきます。冷たいからというより用意するのが楽だからともいえます。
添え物のポテトフライは小麦粉を振って二度揚げしたら美味しくできました。これもやはり手間を惜しんではいけないんだと思いました。

最後は現在食べているパウンドケーキです。
e0228108_05303021.jpg
ドライフルーツに胡桃、バニラ、トンカ、蜂蜜、オレンジピール等、いろんな風味が入っています。これは朝食の時の写真です。
我家ではパウンドケーキといったらフルーツケーキのことをいうくらい、コパンの大好物です。

以上、肉と焼き菓子のご紹介でした〜♪




[PR]
by kuma-rennes | 2015-06-25 06:00 | お菓子作り | Comments(4)
Commented by M at 2015-06-25 06:34 x
お肉料理、美味しそうですね。
日本の肉とフランスの肉は、風味が全然違いますよね。
牛肉で言うと、日本の方が優しい味わいでフランスの方は、野性味溢れる感じで、肉にくしいですよね。
時々、無性にフランスの肉料理が食べたくなります!

パンドジェンヌ、アーモンドたっぷりで、たまらないです!
アーモンドがたっぷりのお菓子、好きです。
ドライフルーツにクルミ、オレンジピールがたっぷりの
パウンドケーキ!これは、美味しいですね。
食べたくなりました!

Commented by kuma-rennes at 2015-06-25 23:09
Mさん
豚肉と子牛肉も違いますが、日本とフランスの肉も全然違いますよね。

パンドジェンヌもパウンドケーキもちょっと似ていますが全然違うお菓子ですね。
基本、卵と小麦粉とバターと砂糖の配合で全く違うお菓子ができるから面白いです。
Commented by moko-scafe at 2015-06-26 00:07
わ~♪またまた鮮やかな食卓ですね!
生肉、さっぱりして美味しそうですね~(*´∇`)ノ。
こちらでは生肉なんてまずいただけないですわ。
確かに、暑くなってくると、あまり火を使わない調理法が楽ですね。
その分素材も新鮮さが重要ですが、、kumaさん宅は問題ないですね♪

パウンドケーキもパンドジェンヌも美味しそうです。アーモンドの香りがたくさん入ったケーキは風味やしっとりさも増して美味しいですね。
パウンドケーキは見るからに色んな素材が詰まって美味しそうなのが伝わってきます。スパイスも入ってますか?
最後に、朝食と聞いて嬉しくなりました☆
私もパウンドケーキを朝食にいただくの好きです♪
Commented by kuma-rennes at 2015-06-26 23:21
mokoさん
お肉は腐る手前くらいが美味しいので、私も高級店で購入した牛肉を食べると翌日はお腹を下したりしますよ。
でもそれだから悪いということもありません。
食べ慣れないものや、体調の悪い時は色々考慮した方がいいですし、イメージで無理と云う人もいると思います。鮮度よりも衛生面が大事ですね。フランスでも無理という人もたくさんいると思いますよ。

朝食はこうやって残りのお菓子を食べることが多いですね。
ないとカフェオレだけと云う時もあります。ただ、きちんと食事はもうとらなくなりましたね〜
<< AOZEN 26/06/15 ブルゴーニュのワイン >>