「ほっ」と。キャンペーン
<< L'aquarelle 2 La Rochelle >>

L'aquarelle

動物園から10キロ程度のBreuilletという小さな町にあるレストランで夕食をとりました。宿泊できる部屋が3室だけあるというのでそこに泊まりましたが、想像していたよりもずっとモダンでデザインホテルみたいだったので驚きました。レストランの食器などもとても凝っていたので、田舎なのにかなりセンスが高い印象を受けました。

まずはアミューズ。この前にももうひと皿あったので、アミューズの2になります。水牛のモッツァレラチーズのムースです。
e0228108_05314165.jpg
とても軽くてかすかにモッツァレラチーズの味を感じたので、アミューズには丁度いいのかもしれませんが、少々物足りない気もしました。

この後、6皿のお任せコースを注文したので、こちらもアミューズの3になるのかもしれません。メロンとフロマージュ・ブランとシロップのデザートのような甘酸っぱいプレートでした。
e0228108_05331172.jpg
そしてここからが、おそらくコースのスタートです。給仕の人が「皮なしのラビオリ」だと言っていましたが、それだとラビオリといえるのでしょうか。。。
e0228108_05341824.jpg
野菜のピュレ的なものを寒天で固めたと説明されたような気がします。小さな黄色の果物は”海のさくらんぼ”だと言われましたが、とにかくこのプレートは、味は美味しくても何が何だかよく分らない感じで、ちょっと面白かったです!
でも、内心、こんなに面倒臭いならアラカルトで頼めばよかったかもしれないと頭をかすめましたが、こういう凝った料理はレストランでなければなかなか食べられないし、実際、とても綺麗な料理でした。写真ではよく見えないと思いますが、半透明の玉葱がとても綺麗で、このレストランの名前が"L'aquarelle"(水彩画)というのに大変納得しました。
この辺りからワインが出てきましたが、この料理に合わせられたのは確か口当たりの軽いプロヴァンスの白だったように思います。

次は温製の牡蠣とフォアグラを合わせた料理です。
e0228108_05353136.jpg
牡蠣は火を通すと味が濃くなるし、それにフォアグラを合わせているのでかなり濃厚な料理でした。周りの後掛けのスープはショウガを使っていて、小さな小さなクルジェットがほんのり酢漬けされていて、濃厚な料理の口当たりを軽くしようと考えられているのだと想像しました。
ワインはラングドックの白で、その前のプロヴァンスのものよりも味の濃いものに変わりました。

ここまでで、まだ4品!続きはまた次回にいたしましょう。





[PR]
by kuma-rennes | 2015-09-14 06:45 | 美味しいお店/レストラン | Comments(2)
Commented by M at 2015-09-14 06:57 x
L'aquarelleと言うタイトルから、水彩画を観に美術館へ行ったのかなぁと
思いましたね。水彩画の様な淡い色合いの料理ですね。
後4品、楽しみです!デセールの楽しみも膨らみます!
Commented by kuma-rennes at 2015-09-14 23:38
Mさん
はい、水彩画のような料理でした。
シェフも絵を描くように‥…と意識してつけた名前なんだろうとなと思いました。
<< L'aquarelle 2 La Rochelle >>