<< みんなでご飯♪ Machine à pain >>

Le coquillage

日本から友人達が遊びに来ました。私達も加えて大人6名に2歳半の男の子ひとりと大所帯だったので、7人乗りの車をレンタルしてカンカルに遊びに行きました。

昼食はル・コキヤージュ。
e0228108_02152009.jpg
この辺りの新鮮な海産物をロランジェのスパイスと組み合わせて食べさせてくれます。
見晴らしのよいシャトーレストランで、小さい子連れでも割と行きやすいので選びました。乾杯の時、みんなはシャンパーニュでしたが、私と男の子はフレッシュフルーツジュースを頼んだら「オレ達はジュースだね!」とニコニコ言うので、まるで彼女になったようで可笑しかったです。

料理は全員でアラカルトがプチポーションで全て登場するコース(男の子は子供用のフォアグラと舌平目のメニュー)にしました。
e0228108_02113575.jpg
まずは生ガキ。手前のナチュラルなものから、胡椒、レモン風味、ハーブ‥…と味わいが異なって美味しかったです。ただの胡椒がこんなに美味しいのはロランジェのスパイスの偉力だと思いました。木のトレーの上にはマヨネーズを添えたブーケの小エビを茹でたものに、生ホタテのマリネ、鯛のタルタル、スモークサーモンの小皿が並んでいます。どれもスパイスやハーブと組み合わせたハーモニーが楽しめました。
e0228108_02124135.jpg
間に茸のスープとアサリのにんにくハーブバターも出てきました。
メインは銅製のココット鍋が三つ置かれて、左から生クリームとショウガで蒸し煮にしたムールと、錦糸かぼちゃと白菜と合わせたタラ、じゃがいもとキャベツとザル貝を合わせたサンピエールがそれぞれ出てきました。
魚にはソースが別に添えられていて、タイカレーみたいな味だったり多国籍な味がしましたが、私が気に入ったのは錦糸かぼちゃという実が糸状になったもので、日本には既にあるようですが、私は初めて食べました。あとはムール貝にショウガを合わせたのもよかったです。

途中、彼氏(男の子)と海を眺めにお庭を少し散歩しました。
e0228108_02140377.jpg
晴れていたらもっとよかったけれど、この曇り空がまたブルターニュらしいと思いました。

戻るとデザートのワゴンがやってきて、上の手前からピスタチオのパリ・ブレスト、ミルフォイユ、プロフィットロール、中段にはムースやスパイスで煮た洋梨や無花果のシロップ煮、ヌガーやギモーブ、メレンゲのミニャルディーズ、下段はタルトショコラにキャラメルの層になったケーキ、タルトタタンなどがありました。
e0228108_02103013.jpg
私はミルフォイユとプロフィットロールを選びましたが、ミルフォイユが特に美味しかったです。

このレストランには、パリにいた頃に旅行で来たことがありました。
デザートワゴンが楽しいものの、その時はレストランの雰囲気の割にはレベルが少々低くて野暮ったいと感じたのを覚えています。それが今回、種類は減って派手さはないものの、味のレベルは上がっていたので、どこも努力や改善をしているのだな〜と感心しました。

その後、カンカルの港や町をのんびりお散歩して、ギュウギュウ詰めの車でみんなでレンヌに戻りました♪




[PR]
by kuma-rennes | 2015-10-25 21:56 | 美味しいお店/レストラン
<< みんなでご飯♪ Machine à pain >>