<< シャブリと素朴な焼き菓子 Le Saison >>

Feuille d'automne

パリでテロがあったので、呑気に食べ物の記事を更新するのは控えようかと思っていましたが、皆が安否を気遣ってくださるので、こんな食べ物ブログでも更新した方がよいのかな。。。と思いました。

土曜日は12歳になる女の子の誕生日ケーキをご依頼いただいたので、これまた呑気‥…というか私は一生懸命にお菓子作りをしていました。
e0228108_04085271.jpg
リクエストはフォイユ・ドートム(枯葉)のケーキです。

現在M6のテレビ番組でお菓子愛好者のコンクールを行なっていて、先週はこのフォイユ・ドートムがクラシックのアントルメとして紹介、課題となっていました。1960年代にルノートルで作られたケーキで、中はプラリネのチョコムースにメレンゲが挟んでいました。
私が作っているのはコルドンブルーのレシピで、マロンクリームでココアのビスキュイを3枚挟み、アレンジでフランボワーズのクーリも加えています。
e0228108_04104774.jpg
チョコレートのケーキが大好きな女の子なので、周りのチョコも楽しんで食べてくれたかな〜と思います。
お誕生日、おめでとうございます!!!楽しい一年になりますように。。。




[PR]
by kuma-rennes | 2015-11-16 04:12 | お菓子作り | Comments(2)
Commented by M at 2015-11-16 19:18 x
美しいアントルメ、ショコラ好きには、たまりませんね。
これ、姪っ子も喜ぶだろうなぁ!
このケーキの構造からして、美味しいですね!
私も食べたいです!
Commented by kuma-rennes at 2015-11-17 00:10
Mさん
ありがとうございます!
マロンクリームもいいけれど、プラリネのチョコムースも美味しそうだと思いました。でも、よっぽどのチョコ好きに向いていそうですよね。。。
<< シャブリと素朴な焼き菓子 Le Saison >>