<< La tarte au cit... Colvert >>

カキフライとお稲荷さん

今年はまだ食べていないな〜と思って、土曜のリスのマルシェでキブロンの大きな生ガキを買ってカキフライにしました。
e0228108_01413736.jpg
パン粉は、このために少し前から食パンを作っておいて生パン粉を使いました。やっぱりこれが一番美味しい!
キャベツは常設のマルシェでしか手に入らないシュー・ポアンチュ(キャベツの先っぽという意)。これは生でも美味しいです。ソースは犬のマークですが、それでも充分美味しい久々のカキフライでした。

そうそう、カキ屋のオジさんが1個おまけしてくれたので、コパンは5個も食べています♪


それから今週はもうひとつ大好物のお稲荷さんも作りました。
e0228108_01471784.jpg
このためにまたひじきを煮て、かんぴょうも煮て‥…おあげももちろん煮て、ご飯は酢飯にして‥…半日がかりでしたが、手作りのお稲荷さんはとってもやさしい味わいで大好きです。

この日はお稲荷さんがメインで肉や魚はなかったので、それでも嬉しい食卓になるようにあるもので出汁巻き卵や、青菜を炒めたりしました。青菜はロメインというサラダ菜ですが、炒めて食べてもシャキシャキして美味しいです。この日はセロリとザーサイと一緒に炒めました。

こういう日はだし汁をたっぷりとることから支度が始まるので、玄関のあたりから和風の匂いがしていたことでしょう。。。



[PR]
by kuma-rennes | 2015-12-03 04:48 | 料理 | Comments(2)
Commented by M at 2015-12-03 08:56 x
カキフライ、サックリとしてそうですね。
私は、カキが苦手です。特に生カキがだめです。
フライなら美味しそうですね!
それより何より、お稲荷さんが、なんとも美味しそう!
これは、食べごたえがありそうな大きさですね。
かんぴょうは、日本からもって来た物ですか?

隣町の鴨農場は、鴨肉の加工販売所と併設しているんです。
販売所でならお肉として買えますね。
フランスと違って一羽単位では、一般に売らないですね。
Commented by kuma-rennes at 2015-12-03 23:48
Mさん
もう〜お稲荷さんは、日本でもこれ以上美味しいものが作れる自信がないくらいです。油揚げは冷凍ものですけど、それでも丁寧に作れば本当にとっても美味しい。
かんぴょうはこの間遊びに来てくれた友人達に頼んでいたものの中のひとつなんです。いいかんぴょうで、肉厚、歯ごたえもしっかりあって、今回のお稲荷さんのいいアクセントになっていました。

隣町の鴨は、加工販売もされているなら、注文すれば1羽で手に入らないこともないですね。でも、食べ方がやはりフランスとは違うかなと思います。
<< La tarte au cit... Colvert >>