<< De toute beauté Crêperie☆La sai... >>

最後の百合根の使い道

年末にいただいた百合根と山芋。山芋は二回に分けてとろろにして昨日食べ終わりました。百合根は四つもあったので、今日、最後のひとつを使い切りました。

やはり茶碗蒸しが一番だと思ってもう一度作りました。すがたってしまって残念ではありましたが、前回は下湯でしたら柔らかくなってしまった反省を活かして生の状態で蒸したら百合根の食感は丁度よかったです。
e0228108_04473668.jpg
それから百合根はかき揚げにも入れました。玉葱、葱、人参、銀杏、ブーケの小海老と共に揚げました。
他にも鱸をお刺身にしたらとても脂がのっていて美味しかったです。

当然のことながら百合根は百合の根なので、根っこのところをベランダの土に植えて様子を見てみることにしました。食べられることまでは期待していませんが、どんな花が咲くのかはちょっと興味があります。もしも咲いたらブログにアップしますね♪

それから今朝はジャンヌ・ダルクのマルシェに出掛けてきましたが、帰りにMaurepasの公園を歩くのが最近の小さなお楽しみです。
e0228108_04501212.jpg
冬の公園は色合いが寂しいですが、今年は温かいので手前のバラが既に芽吹いています。お花もいいけれど、この時期ならではの裸木の模様も見ていて飽きません。
e0228108_04490474.jpg
ここは平たく剪定されているのが面白いですね。こういうのはあちこちで見ますが、あちこちで手入れされているのが素晴らしいと思います。



[PR]
by kuma-rennes | 2016-01-08 05:16 | 料理
<< De toute beauté Crêperie☆La sai... >>