<< 水簾 醍醐寺 >>

二条城と三十三間堂

二条城は滞在先のホテルの近くだったので、到着してすぐに出掛けて行きました。

まず、この唐門が美しい。。。
e0228108_22540724.jpg
城内も見所たくさんでしたが、写真撮影はNGでした。(狩野派による障壁画が素晴らしかったです。)
e0228108_22561646.jpg
庭園も美しく、あちこちで手入れされていました。(写真では左手の松の上部に庭師の方が見えます。)

別の日には三十三間堂にも行きました。
e0228108_22581408.jpg
こちらも中の撮影はNGでしたが、実際に千手観音立像が千躯ずらりと並んでいる様には圧倒されました。それを収めるために、この長さの建物ですよ。122m!!!この長さを利用して、裏手の庭で”通し矢”が行なわれていたそうです。

日本では意外と写真撮影がNGな場所が多くて残念でした。おそらくフラッシュ回避のためだと思いますが、フランスではルーヴル美術館のモナリザも写真撮り放題なのに。。。日本人が観光客に慣れていないのか、日本を訪れる観光客のマナーが悪いからなのか分りませんが、東京オリンピックの頃には色々なことがもっとスムーズになっているかもしれませんね。

三十三間堂の後には清水寺にも行きました。お寺が目当てではなくて、そこへ向かう茶わん通りに行きたかったのです。東大路通りから清水寺への参道です。清水焼を扱ったお店がたくさんあって、ジグザグに入っては絞り出しの急須を探していました。何故か京都の、清水焼のお店でしかあまり見かけないからです。機会があったらご紹介しますね。
e0228108_00135128.jpg
写真は清水寺の手前、奥に三重塔が見えます。ご覧のように着物を来た観光客がたくさんいました。着物をレンタルをするお店もたくさんあって、すれ違うほとんどの人は日本語を話していませんでした。とても寒い日だったし、慣れない草履は痛くないのかしら‥…着飾るのも楽ではなさそうだけれど、楽しんでいるのが伺えて、それもよしだと思いました。




[PR]
by kuma-rennes | 2016-03-17 07:26 | 旅行/散策
<< 水簾 醍醐寺 >>