<< 錦市場 二条城と三十三間堂 >>

水簾

京都では美味しいものの話も欠かせません。友人に祇園の料理屋さんに連れていっていただきました。

祇園の宮川町にある”水簾”さんです。(写真は祇園の別の通りですが)
e0228108_00060537.jpg
友人のお母様とも待ち合わせて、4人でカウンター席に並んで食事をしました。カウンターに並ぶと、会話らしい会話はほとんどできないのですが、目の前の料理人さんとは話が弾みます♪私達がフランスから来たと分ると、フランスに修行に来たことのある人がとても懐かしがって話しかけてくれました。(今回、銀座のお店でも全く似たようなことがありました)それで料理の説明もとても詳しく教えてくれるのですが、何せ、次から次へと料理が出てきたものですから、細かい内容は残念ながらすっかり忘れてしまいました。

こちらは3種の向付ですが、右奥のカップはカプチーノの泡に見立てて表面にとろろが入っています。が、その下に一体何があったのか忘れてしまいました。
手前がしまあじで、左手が鰆のお刺身だったように思います。
e0228108_00005446.jpg
どれもとても美味しかったですが、特筆すべきは細かな仕事でしょう!このお花見弁当は5センチ四方の小さな木箱にお弁当の全てが詰っているのですよ!
e0228108_00023176.jpg
それから面白かったのは、水簾さんに限らないことですが、お客の人がお店の人にビールなどを振る舞うと、奥から若い衆がぞろぞろ出てきて一斉にお礼を言ってぐびぐび飲むんです。。。これは日本の料理屋さん独特の光景ではないかと思いました。

おくどさん(かまど)では〆のご飯を炊いてくれて、こちらでは道産のちょっともっちりしたお米でしたが、残った分をおにぎりにして持たせてくれました。
e0228108_00041006.jpg
日本料理とフランス料理の違い‥…このくらいハイレベルだと共通点の方がありそうです。素材を吟味し、手間をかけて仕事し、美しく盛りつける、その究極の形が日本でも味わえて幸せな晩でした。



[PR]
by kuma-rennes | 2016-03-18 04:47 | 美味しいお店/レストラン | Comments(2)
Commented by M at 2016-03-18 07:29 x
京都で日本料理を堪能されたのですね!
かまどで炊かれたご飯は、格別でしょうね。
お米の香りが立ち、良い香りですよね。
お花見弁当が、素晴しく、美しいですね。
日本ならではのお料理に、見ているこちらも感動です!
Commented by kuma-rennes at 2016-03-20 00:35
Mさん
返信遅れてごめんなさい!
こちらの料理屋さんはどれも手間をかけて用意されているのに感心しました。それを美しく盛りつける‥…それが京都のおもてなしなのだと理解しました。
<< 錦市場 二条城と三十三間堂 >>