<< お茶の時間 忍野八海 >>

盆栽

伊豆の旅行の後はそのままコパンの妹さん宅で2日間お世話になって今回の里帰りはおしまいです。特に予定も入れずのんびり過ごしていましたが、最終日、天気が良かったので昭和記念公園に連れていってもらいました。

時期的には水仙がちらほらと咲いていましたが、お花に関しては寂しい状態だったので、日本庭園や盆栽園を見て回りました。

池の向う側に日本庭園があってで、そこの茶室で最後のお抹茶をいただきました。
e0228108_20154956.jpg
盆栽園では、私は初めてまじまじと盆栽を見たのですが、これがとても興味深く心に残りました。
e0228108_20195053.jpg
とても時間がかかるのはもちろん、とても緻密な計算の元に育まれる鉢の上の生命は、”生きた芸術”と呼ばれるのも納得しました。

よく見ると、枝の節々を留金で形を整えています。。。
e0228108_20180806.jpg
全ての美は当たり前のものではないのだと、ため息をつかずにいられませんでした。
e0228108_20213055.jpg
今回、私は日本の古き良きものを再認識するよい機会に恵まれました。そして、懐かしい家族や友人達と再会できたこと、その時間や密度の何とも濃かったことか。。。皆さんの優しさや思いやりにたくさん触れて、言葉にならない感謝の気持で一杯でした。その気持や印象を忘れずにレンヌに持ち帰り、この栄養を糧にまた成長したいと思っています。大袈裟ですが、それが私の感謝のしるしだと思うからです。

以上で、長い長い今回の旅行記はおしまいです。次回からまたいつもの”ブルターニュの生活”に戻ります。




[PR]
by kuma-rennes | 2016-03-22 05:52 | 旅行/散策
<< お茶の時間 忍野八海 >>