「ほっ」と。キャンペーン
<< コパン・ローズ 「八十日間世界一周」 >>

Couscousを食べに♪

天気の良かった日曜日。私達はゴルフではなく、ゴルフ場のすぐ近くにあるレストラン&バーに昼食に出かけました。前に書きましたが、コパンのゴルフ友達の多くはクラブハウスではなくこのバーでプレイ後の一杯を楽しむのが習慣なんです。このバーは建物の(向かって)左側がレストランになっていて、ランチが食べられます。
e0228108_22034069.jpg
初めて訪れた時、田舎の割に素敵なお店で驚きました。そしてその時に店内に張り紙でクスクスを作る日が5月は14、15、16日だとわざわざ告知してあったので、もしかしたらここのスペシャリテなのではないかとずっと楽しみにしていました。(もちろん予約もしておきました)

そして当日の朝、珍しいことに二人共お腹の調子が悪く、ギリギリまでキャンセルしようか迷ったのですが、物凄い決心と執着力を持って出かけて行きました。(普通はそこまでしないと思うんですが。。。)レンヌから1時間くらいのEpignacという村までです。
e0228108_22012208.jpg
到着した頃はまだ100%体調が復活していたわけでもなかったのですが、すぐ横の暖炉でメルゲーズと小羊肉を焼いてもらう頃には何となく大丈夫そうな気がしてきました。

そうして山盛りのスープやスムールが登場すると、テンションも上がって、結局はほとんど完食してしまいました。
e0228108_22022784.jpg
モロッコのさっぱり系ワインも料理に合っていて飲みやすかったです♪

しっかりデザートまで頂いて。。。
e0228108_22001650.jpg
コパンはペッシュ・メルバで私はオレンジのケーキです。他にもガトーショコラやリンゴのタルトが選べました。

普段、私達はレンヌで物凄く食材を選んでいるので、大概のレストランでは食材に関して劣るところも合って、家でシンプルに食べる方がずっと美味しいんです。このレストランもそういう意味では何度も通うとは思わないけれど、ブルターニュの地元の人が「ここは安くて美味しいんだよ」と絶賛している理由がとても分かりました。
ワインはハーフボトルで頼みましたが、デザートにコーヒーもつけて全部で30ユーロだったんですよ!!!

夫婦二人だけでランチのみのレストラン、夜はバーのみというのも、二人ではそれ以上は手が回らないからだと思います。逆に言うと、無理なく誠実に経営されているんですね。奥さんが料理を作っていますが、彼女は元々ポルトガルの人なので、料理も田舎の割にコテコテではないのがまたいいと思いました。前にちょこっと出してもらったオレンジのケーキを一口食べて、「あれっ?」と思いました。手作りの優しい味がしたからです。

料理はランチのみだし、レンヌからは1時間もかかるのでそう簡単には来られないけれど、モンサンミッシェルやサンマロ方面に向かうドライブ途中のランチにはいいと思いました。煮込み料理が得意だというので、今度はその日を狙ってまた訪れたいです。





[PR]
by kuma-rennes | 2016-05-17 00:08 | 美味しいお店/レストラン
<< コパン・ローズ 「八十日間世界一周」 >>