<< National Motor ... St.Malo→Portsmouth >>

The Montagu Arms Hotel

Portsmousの港から高速に乗ってSouthamptonを通ってBeaulieuへ向かいました。湾をぐるりと回るので100キロくらいの距離になります。
まず、車が左側通行に変わるのでおっかない!おっかない!当たり前ですが、言葉も英語になるので、フランス語ではBeaulieu(ボーリュー)が英語では(ビューリー)と読むというのだから、聞き取れないのはもちろん、伝わらなくて本当に困りました。でも、レンヌに帰ってからお店でメルシィというのが英語になっていたので、自分の単純さに苦笑しました。

イギリスでの初日はちょっといいレストラン&ホテルを予約しました。
e0228108_01151920.jpg
ご覧のようにロマンティックなお庭のある素敵なホテルです。

ここのイギリス式の朝食がまた素晴らしくて、レストランで食事するように料理が選べて、それぞれに調理したものを給仕してもらえます。私はスモークサーモンにスクランブルエッグ、コパンはアドックに温泉卵でした。アドックとは冷燻したタラで、色合いからしてとても上品で肉厚のアドックだと思いました。フレッシュオレンジジュースが美味しいのはもちろんのことでした。
e0228108_23150161.jpg
前日の晩は、20時に予約したホテル内のレストランに20時半に到着するという大遅刻だったので、部屋に荷物を置いてそのままテーブルに直行しました。

料理は、前菜がコパンはウサギのカネロニで、私は鳩のサラダを選びました。
e0228108_23095306.jpg
鳩も美味しかったけれど、前菜とは思えないボリュームで、コパンの方が美味しそうでした。。。

メインは私が小羊肉で、コパンはスズキでした。
e0228108_23140565.jpg
私のお肉が味も焼き加減も素晴らしくて、イギリスの小羊肉は美味しいということがここで判明しました。
しかし、ここで調子に乗ってイタリアのワインを飲み過ぎてしまった私は次のデザートまでたどり着けずにギブアップ!!!部屋に戻って寝てしまいました。コパンは一人でゆっくりデザートのチーズケーキとコーヒーを楽しんで戻ってきましたが、頼んでおいた写真は撮り忘れていました。イギリスのチーズケーキ、私も食べたかったな。。。

これはイギリス料理かというとフランス料理になりますが、フランスで食べるフランス料理と違う点はニンニクを多用しているところです。私の食べた小羊肉の手前の丸くて細長いのはジャガイモなんですが、かなりニンニクの風味が強かったです。それとソースがとても濃厚でしたが、田舎のトラディショナルなレストランではよくあることだと思います。






[PR]
by kuma-rennes | 2016-06-05 05:17 | 美味しいお店/レストラン | Comments(4)
Commented by ねこ at 2016-06-05 16:13 x
サウサンプトンからボーリューへ湾の反対側に行くとニューフォレスト(国立公園?)など、緑豊かな地区になるようですね。美しいお庭のホテルですね。レストランも洗練された雰囲気です。
やはり初日で疲れがあったのでしょうね、ワインが効いてしまいましたね(笑)

美しい庭を眺めながらの朝食がまた素晴らしいですね!
Commented by kuma-rennes at 2016-06-05 22:39
ねこさん
そうなんです!ニューフォレスもドライブしてきましたよ♪
ワインは疲れていてもいなくても、どちらにしてもほとんど飲めないところを調子に乗ってしまったみたいです。
この朝食が雰囲気も含めて絶品でした。
Commented by M at 2016-06-07 06:51 x
素敵な庭があるレストランなんですね。
こう言う所、いいですね。行ってみたい。
お料理も凄く美味しそうです。
ニンニクを多用した料理、食べてみたいです。
Commented by kuma-rennes at 2016-06-07 23:35
Mさん
私はフランス料理でニンニクを使うのはあまり慣れていないのでちょっと苦手だったかな〜
<< National Motor ... St.Malo→Portsmouth >>