<< Christianがやってきた! 夏野菜のオーブン焼き >>

桜桃のシーブースト

秋の”お菓子の会”でリクエストを受けているシブーストのお菓子。時間配分や全体のバランスなどをチェックしておきたかったので試作しました。

本来はりんごですが、先日のニダベイユのケーキで残っていた桜桃の蜂蜜煮やブルーベリ、冷凍しておいたベランダのフランボワーズなどもなったので、りんごの代わりに使ってみました。
e0228108_04051408.jpg
桜桃は見えませんが、生地の底に並んでいます♪

この上にシブーストクリームをのせて砂糖をかけてバーナーをあてましたが、完成したと思って冷蔵庫に入れたらクリームが崩れていました。
e0228108_04070509.jpg
バーナーだとかなりしっかり火をあててもこの程度しか焼き色がつかないし、おまけにクリームが崩壊してしまうのだから、やはり焼ごてでないと無理なのかなと思いました。高温のオーブンでさっと焼いても大丈夫かしら。。。ご存知の方がいらしたら教えてください。。。

シブーストはりんごが一番合っていると思っていましたが、この桜桃ヴァージョンもかなり美味しかったです。多分、ブルーベリーやフランボワーズの酸味を加えて味のバランスが取れたのだと思います。試作の試作もなかなか興味深いと思いました。

それから時間ができたら作るもの、アンドーナツの次はいつものブリオッシュ・フォイユテ・オ・シュクルを作りました。
e0228108_04480676.jpg
難しくはないけれど時間がかかるので、午後から作り始めて20時過ぎに焼き上がりました。焼き立てを夕食のデザートにして、翌日は朝食に食べるのを楽しみに起きました。

[PR]
by kuma-rennes | 2016-08-18 04:12 | お菓子作り | Comments(6)
Commented by M at 2016-08-18 06:34 x
kumaさんのブリオッシュ・フォイュテ・オ・シュクルは、
ブログでは、久々の登場ですね。
これが、なんとも!美味しそうに出来ていますね!
桜桃のシーブースト、贅沢な作りになっているけど、
クリームが崩れてしまったのですね。残念!
でも、やっぱり美味しかったのですね!

リヨン郊外に住むブルトンヌの友達家族が、
おばさんの住むブルターニュのPorspoderポルスポデに
行ったとたくさん写メを送ってくれました!
岩盤の海岸で、砂浜ではなく、白い石浜でした!
Porspoderポルスポデに行った事がありますか?
Commented by マダムK at 2016-08-18 18:24 x
kumaさんのブリオッシュ・フォイユテ・オ・シュクルは、本当に美味しそうです!

シブーストのキャラメリゼの件ですが、バーナーで上手くいきますよ!粉糖を一面にしっかりかけて、バーナーで焦げ目をつけます!もっと、しっかりパリッとさせたければ、2回その作業を繰り返します。私はいつも、バーナーです!
Commented by kuma-rennes at 2016-08-19 03:39
Mさん
私はporspoderというところは行ったことがないですね。
あまり聞かないので、家族や親戚などがいないとわざわざ訪れないところなのだと思いますが、そういうところがまたいいところだったりするんですよね。
Commented by kuma-rennes at 2016-08-19 03:42
マダムKさん
教えてくださってありがとうございます!
もう少し質問させてください。
マダムKさんは大きなシブーストで作られていますか?
それと、粉糖はだいたいどのくらいの量をかけていますか?
私はグラニュー糖と粉糖の両方を使いましたが、多分、量が少ないのではないかと思いました。
Commented by マダムK at 2016-08-19 16:53 x
私は、四角で大きく作ってから、いただく分を長方形にカットして、直前にバーナーでキャラメリゼしています。グラニュー糖は使わずに、粉糖のみで、一面が白くなる程度にかけています。クレーム・シブーストのメレンゲの量がパティシエールに比べて少ないと、焦げにくいということもあるかもしれませんが・・・・・。
Commented by kuma-rennes at 2016-08-19 23:17
マダムKさん
細かくご説明してくださって、ありがとうございました!
とても参考になりました。焼ごてを購入しようか迷っていましたが、近いうちにもう一度チャレンジしてみてます。
どうもありがとうございました!
<< Christianがやってきた! 夏野菜のオーブン焼き >>