<< 今週の晩ごはん オレンジのシブースト >>

カヌレとトロ

夏休みの宿題のカヌレです。
e0228108_04521141.jpg
ヴァカンス前にお菓子の会の生徒さんから「カヌレの味を見てください」と作りたてのカヌレをいただきました。私のよく知っているカヌレの味がして美味しかったのですが、少々焼きが強いように感じました。これは焼き色を均一につけるために少し長く焼いたり、温度を高くしたからだと思いますが、カヌレの型自体も何度も使っているうちに熱の伝導率が変わっているのではないかと思いました。

次の機会にお会いした時に、その方が使われているカヌレ型を一つ持ってきてくださいとお願いしました。
それでお互いの型を一つずつ交換して、夏休みの間にそれぞれ作ってみることになっていました。
e0228108_04544141.jpg
カヌレ型は形だけ見ても色々あります。縁の形も違えば、重さも違う、外側は銅製でも中の質も違うようです。私自身も3タイプの型を持っていますが、焼き上がりが異なるのは、型の性質が大きいのか、オーブンでの位置なのか不明瞭でした。

今回作ってみたところ、生徒さんの型も自分の型もそう変わりないように感じました。(生徒さんの型は、カヌレも型も写真の一番右下です)ただ、焼き上がりにはあまりこだわらずに長く焼きすぎないようにしました。その代わりにオーブンの予熱にしっかり時間をかけました。あとは型に塗るバターもたっぷり塗りました。

私自身もカヌレがうまく焼けなくなった時期があって、そこからやっと抜け出せたというところだったので、今回また、一緒に考えて作るいい経験になりました。すぐに成功したお菓子は何も考えずに作るようになるので、場合によっては失敗した方が後に活かせるいい経験となります。


話題は全く変わって、先週末のマルシェでマグロがたくさん出ていました。おまけにトロの部位も選べるほどあって、久しぶりにトロを食べました。
e0228108_04352164.jpg
けれど、トロ以外にも天ぷらやアサリの酒蒸し、おまけにシャンパーニュまで開けて、なんでもない普通の週末が何かの記念日のようでした。
天ぷらはナスやピーマンにズッキーニの花を揚げました♪





[PR]
by kuma-rennes | 2016-08-31 06:05 | お菓子作り | Comments(6)
Commented by M at 2016-08-31 08:29 x
カヌレの型と言っても上の模様やひだの数など、色々あるんですね。
凄く興味深いです。これだけのカヌレの銅型を見たのも初めてです!
お菓子の会の方のカヌレ型を使って焼きの研究されたのですね。
最初。トロと見てお菓子の名前かなぁ?と思いました。
マグロのトロだったのですね!ふふ。
今や日本では、黒マグロが貴重で、食べられなくなりつつあります!
ニュースでこの前、やっていました!
Commented by ねこ at 2016-08-31 20:22 x
写真では個々焼き色が違っていますね。
kumaさんもカヌレの焼き色には苦心されていましたし、難しいお菓子なんですね。
納得の出来に仕上がるといいですね。

豪華なトロもさることながら、アサリも大きいですね(驚)!
天ぷらにシャンパンも一緒で素敵なマリアージュですね♪
Commented by kuma-rennes at 2016-09-01 04:52
Mさん
カヌレの銅型は綺麗ですよね。購入した時期や店が違うので、それぞれの形が違います。
黒マグロって普通の赤いマグロとは違うのですか?
フランスでも一時期全く見なくなりましたが、最近は時々ありますね。
マグロと牛肉のステーキって、なんとなく近いものがあるような気がするんですが、ステーキをたくさん食べているとマグロをそんなに欲しなくなる、、、というのは私だけでしょうか?
たまにこうしていただけるだけで十分だなと思いました。もちろん美味しかったですが。
Commented by kuma-rennes at 2016-09-01 05:00
ねこさん
よく見ると、型の縁まできちんと銅のものと、色がはげているものがあるんです。縁全体が銅のものは厚みや重さもあって、焼き色でいうと薄いです。でも、これからもずっと使い込んでいけるものだと思います。他のものは多分、焼き時間や温度を調整しながら作っていかなければならないかもしれません。
カヌレが難しい、、、ということはないんです。シンプルなお菓子ですから。カヌレは型が重要かなと思います。
Commented by M at 2016-09-01 07:26 x
kumaさん、黒マグロは、体が黒いんです。マグロの種類ですね。
黒マグロは、生鮮魚介類として流通する場合にはホンマグロの名称も用いられるそうです!
赤マグロって切り身をさして言うことですね。きっと!
Commented by kuma-rennes at 2016-09-02 03:13
Mさん
返信ありがとうございます。
でも、わかったような、わかりないような、、、
フランスだとマグロはトンというではないですか!?
トン・ルージュとトン・ブロン(カジキマグロ)とくらいしか区別がないので、流通の過程で名前が違うとか、ややこしいですね。でも、フランスの食材も、肉類は非常に細分化されていますから、同じことかもしれません。
<< 今週の晩ごはん オレンジのシブースト >>